2月19日の日本橋川…2

(『2月19日の日本橋川…1』のつづき)

202021.jpg
新常磐橋の上流側に隣接して、ご覧のような桁が架けられていました。エンブレムにすっかり気を取られ、「派手な色だが、何の足場かしら」くらいの気持ちでいて、真下近くに来るまで注意がおろそかになっていたのです。

ふと見上げると、桁側面に掲げられた横断幕に、陽光のまばゆさで判然としないものの、「‥‥2018年完成予定」「‥‥人道橋が誕生」の文言が。これ、新しく架かる橋なんだ! と、ようやく気付かされました。

202022.jpg
反対側に目をやると、赤、緑、黄と、まあ本当に派手なこと。これが橋になるのか、仮設桁なのかはわかりませんが、日本橋川に久方ぶりの新架設橋が出現することになり、大いに興味をそそられました。

この橋、西岸で進行中の「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(PDF・NTT都市開発株式会社)の一環として、建造されているものだそう。首都高を頭上間近に眺められることもさることながら、新常磐橋のエンブレムも目の高さで拝めそうで、その筋の方には魅力的なスポットになるかもしれません。

202023.jpg一ツ橋上流、石垣が残る水際の浅瀬では、餌が豊富なのか、鴨さんの団体がおくつろぎ中でした。

日本橋川は中流部に、緑や石垣を伴ったこの手の浅瀬がいくつかあり、お濠や公園の池も近いので、鴨たちが餌を求めて出張ってくるには格好の環境なのでしょう。そういえばユリカモメも、最近は小石川橋(神田川との分流点)まで上ってくるようになったし、彼らを生かすに足る魚などの餌が、河中にあることを実感できます。

202024.jpg
雉橋下流で出会った曳船、「若潮23号」。前後の橋脚に、長々ともやいを回して繋ぎ、ちゃんと船首を上流側に向けて、お行儀よく休んでいました。

202025.jpgご要望で、水道橋2号分水路もくぐってみました。340m付近のS字屈曲で一枚、ううう、あまり上手く撮れなかった。

分水路といえば、お茶の水分水路のシールドマシン発進縦坑(こちら参照)から上流、呑口までがしばらく補修工事に入るようですね。先日夜、通りがかった際に告知看板をチラッと見ただけなので、詳しいことはわかりませんが、恐らく通航はできなくなることでしょう。詳細がわかり次第、改めてお知らせしたいと思います。

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の神田川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川 神田川 高架下水路 水道橋分水路 分水路 曳船

2月19日の日本橋川…1

(『2月19日の亀島川…3』のつづき)

202016.jpg江戸橋をくぐった直後、前方に見える高架橋脚の一つ一つに、オレンジ色のフェンダーが巻かれているのが目につきました。

フェンダーの色が真新しく鮮やかということもあり、アクセントとしてよく目立ち、首飾りをしてもらったような、どこか可愛らしい風景にも思えます。フェンダーが丁寧に施されているこということは、もちろん理由があるわけで‥‥。

202017.jpg
既製のユンボを載せたタイプの、小型浚渫船がスパッドを刺して休んでいました。船名は「63号東庄丸」。出船入船ますます盛んな日本橋船着場、絶えざる航路整備が求められているのでしょう。

202018.jpg
日本橋の右径間を上航しようとしていたら、おなじみ「カワセミ」が入ってきました。達着シーンをものしておこうと、いったん行き足を止めてカメラを構えます。

結構な大きさの水上バスが、化粧板で飾った首都高の大屋根を頭上に頂いて、静々と進みくる光景! 少なくとも国内では、ここでしか見られない川景色です。

202019.jpg
行き足をゆるめて、日本橋船着場にピタリと達着。船と桟橋の長さが、まるであつらえたようでもあります。

結果的とはいえ、ここは全国でもほとんど唯一の、「屋根の下にある船着場」。鉄道でこそ、線路ごとプラットフォームを屋根の下に納めた駅というのは、多くないとはいえ決して珍しいものではありませんが、桟橋ではきわめて希少であることは、いうまでもありません(暑苦しく力説)。

202020.jpgなぜか、うまく撮れないのがパターンになってしまっている、新常盤橋(外濠アーチ橋)の動輪エンブレム。今日はどうかな‥‥。

むう、何とか「大正七年」が読めるくらいには、ピントが合ったような。もっともこの後、こちらに気を取られ過ぎて、ちょっと後悔するはめになりました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の日本橋川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川 高架下水路 水上バス カワセミ 浚渫船

2月19日の亀島川…3

(『2月19日の亀島川…2』のつづき)

202011.jpg
屈曲部に位置する亀島橋、浅いアーチの補鋼が頭上に覆いかぶさり、まろやかな圧迫感を頭上に感じながら前進微速。

26年5月の写真を見返してみても、繋留艇が一掃されて、ずいぶん寂しくなってしまったなあ‥‥。あの艇たちは全部、先ほど見た桟橋に引っ越すことができたのでしょうか。

202012.jpg霊岸橋は塗り替えられてまだ年数がたっていないせいか、クリームの色が鮮やかできれい。

向こうは分流点、日本橋水門があるのはご存知のとおり。何分おなじみの水路なので、そのままゆるゆると日本橋川に出ようと思っていたら‥‥。くぐりながら、「アレッ?」と、水門のちょっとした異変に気付かされたのでした。


202013.jpg
裏から向かって左、2番径間の扉体直下、水面に横一線の泡立ちが! 最初、閘門通航のときによく見られる、扉体から落ちる滴がつくる線だと思ったものの、扉体を見ると濡れておらず、点検開閉ではないようです。

スロットルをニュートラルにし、惰性で近づきながらよく観察したところ、どうやら水面下から泡が出ているようだとわかり、珍しさにまじまじ見入ったものです。

202014.jpg
ちょうどジェットバスか何かのように、シュワシュワと白い線を描く奇観に、丁字流での左右確認もおろそかになるほど(ちゃんと確認しような!)。

何でしょう、扉体の戸溝にエアーを出す装置を設けて、閉鎖時の水密を損わないよう、溜まった泥土を排出する装置でしょうか。帰ったら調べてみよう。

202015.jpg水門も設備更新をすると、より十全な作動を求めて、新しい機能が追加されるのだなあ、と感心しきり。単に私が知らないだけで、前からあったのかもしれませんけれど‥‥。

丁字流で取舵を切り、日本橋川を上航。好天の下、江戸橋ジャンクションもシャープな表情を見せて、楽しい遡上になりそうですね。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の日本橋川…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 亀島川 橋の裏側 日本橋水門 日本橋川 高架下水路

2月19日の亀島川…2

(『2月19日の亀島川…1』のつづき)

202006.jpg
水門をくぐった直後に少し戻ります。毎度おなじみながら、やはり外せないのが南高橋。

水門の管理棟の敷地が張り出しているため、順光側では側面の全貌を収めることは難しいものの、明治の橋のテイストを楽しませてくれる角度の一つ。冬の陽光に輝く銀色のピントラス、格好いいですねえ!

202007.jpg

202008.jpgこれも毎度のことで恐縮ですが、迫って仰ぐ裏側がまた佳いもの。震災復興橋世代の橋とくらべても、リベットの数が桁違い。中央の桁裏に、4本突き出ているダブルナットで締め上げたボルトなど、昭和の橋ではまず見られません。

川面に戻って、東側、新川2丁目沿岸の新設桟橋。旧来の住人である、通船や曳船も見られるものの、ほとんどはプレジャータイプで、かつての船溜の雰囲気とは大いに異なります。

202009.jpgマストを倒すまでもなく、高橋の桁裏を灯器にかすめさせながら通過。都心では亀島川しか見られない、階段状護岸が左右に伸びる区間に入ります。

以前より数は減ったものの、地場の繋留艇がぽつぽつと見えて、平板になりがちな川面に、活気を与えてくれています。左に見えた小さな浮桟橋に目をやると‥‥!


202010.jpg
えらい数の鴨さんが、日向ぼっこ中でした! 水面とほぼツライチの低さと、ほどよく朽ちた木の肌が心地よいのでしょう。まったりぶりが、はた目にも伝わってくるようです。

もっとも、我が不審船の接近にぺったり座りを止め、いっせいに腰を浮かしたのはお約束とはいえ、お邪魔をしたと反省しきり。すぐおいとましますから、どうぞごゆっくり。

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の亀島川…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 亀島川 水辺の鳥たち 橋の裏側

2月19日の亀島川…1

202001.jpg2月19日は、お手伝いで近場を巡ってきました。曇り時々晴れの予報だったのが、一歩好転して嬉しい快晴、寒さもそんなに厳しくなく、気持ちのよいお散歩になりました。

砂町運河と曙・曙北運河の十字流で、反航する作業船を一枚。空とともに水も澄んで、年季の入った外観の作業船も、どことなく爽やかな表情に見えます。


202002.jpg
その後に都港湾局監視船、「はやみ」が続航。いつ出会ってもキレイにしていますね。

202003.jpg
隅田川畔、亀島川との合流点角にある、霊岸島水位観測所。こんなに接近したのは久しぶりで、亀島川水門をバックにしたいいお顔を、ぐっと仰いで一枚。

この筋のファンの方ならご存知のように、その役割を油壺の検潮所に譲って久しいものの、高さの原点となる水位を観測した、近代測量の草分け的施設であった意義を讃えて、ご覧のような意匠となりました。逆三角錐が指す、今は水面下の頂点が、A.P.±0m(今次震災で少し変わったようですが)になります。

202004.jpg亀島川へ進入。白というか淡いクリームでしょうか、冬の鋭い陽射しに照らされると、面積もあって雪目になりそうな扉体の色。

赤といわずとも明灰色とか、も少し眼に優しい色の方が、通航艇の皆さんにはよろしいような気がするのですが‥‥。もっとも、紫外線による色褪せを考えると、白に近い塗色がよいのかも。広大な扉体、塗り替えだけでもえらいコストでしょうからね。

202005.jpg
久しぶりに訪ねたので、まずは大きく変化したところから。旧桜川との分流点であった湾入、最近まで業務船溜だった水面ですが、写真のように立派なテラスが完成していました。

船溜があったころからの変化の様子は、26年5月の記事「5月3日の亀島川…2」で触れています。かつての雰囲気を思い出すのが難しくなるほど、河畔にも大きな変化が押し寄せていることを、改めて実感させる光景ではありました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の亀島川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 隅田川 亀島川 亀島川水門 霊岸島水位観測所

前川の白鳥

(『大洲閘門ふたたび…3』のつづき)

201016.jpg大洲閘門を堪能した後、前川畔をぶらぶらとお散歩しました。北岸には、宅地に面してご覧のような並木道があり、砕石を敷かれた道端には花壇や、一部には水際に降りる階段にベンチもあって、ちょっとした公園のおもむきです。

ときおり薄日が差すなか、階段のベンチに腰をおろして一息ついて、閘門をバックに水鳥たちの遊ぶ姿を眺めていました。

201017.jpg
手前には白鳥、遠方に点々と見える黒い水鳥は、オオバンでしょうか。クォッ、クォッという哀愁を帯びた鳴き声がときどき川面を渡って、実にのどか。白鳥と閘門、絵になりますのう。

腰をおろしてしばらくすると、白鳥の一羽がやおら向きを変え、我々のいる方へ向かってきました。

201018.jpg
白鳥――昨年十六島で見たのと同じ、コブハクチョウでした――は手で触れそうなほど近くまで寄ってきて、浅瀬に二本の足で立つと、黒い目でチラチラと目線をくれながら、ボリボリ、もしゃもしゃと羽づくろいを始めたのです。

まったく人を警戒せず、リラックスしきった様子から、よほど馴れているのでしょう。地元の方に可愛がられ、日ごろおいしいものをもらっているに違いありません。

201019.jpg

201020.jpg餌になるものを持っていなかったので、「ゴメンネ、ゴハンないんだよ」と声をかけたものの、白鳥君は悪びれもせず羽づくろいを続行。気長に待つ構えのようです。

白鳥に誘われてか、オオバンも数羽寄ってきて、つつき合ったり、追いかけっこしたりと、ケンカを交えながらも物欲しそうな顔。う~ん、東京の水鳥さんたちも、これくらいフレンドリーだと、トリ好きとしては嬉しいんですがねえ。餌のないことを詫びながら、可愛らしい表情やしぐさを、しばし楽しませてもらったのでした。
撮影地点のMapion地図

(29年1月2日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 前川 水郷 水辺の鳥たち

大洲閘門ふたたび…3

(『大洲閘門ふたたび…2』のつづき)

201011.jpg
釣り人さんがつくったとおぼしき、水際の踏み分け道を降りて、ゲートの表に向き直ってみると‥‥。あらら、一見上を歩けそうなくらい、ゴミが吹き寄せられてしまっているのも、9年前に訪ねたときと変わらず。

冬の北西風が吹くこの時季、漏斗状に広がった水面の、南東角に位置するのがよくないのでしょうか。扉体から滴るリークの音もチョロチョロしていたので、水の流れのせいも若干あるかも‥‥。ともあれ、こちらも後扉室同様、扉体がはげちょろげて、年数なりの古び方です。

201012.jpg

201013.jpg前回同様、銘板をたぐって一枚。コンクリ打ちっぱなしの躯体に、黒御影石の磨き出された銘板は、一点豪華主義といわんばかりの目立つ存在。

堰柱の右手前から、閘室をのぞき込んでみました。扉体にレール、手すりと、鉄部はあらかた下塗りが露出しているか、錆びているかで、長年あまり手入れされていない様子がうかがえました。


201014.jpg
橋を渡って左側に出て、ぐっと仰いだところを一枚。のぞいた晴れ間に、銘板の磨き出された文字が反射して、右手から見たそれよりシャープな印象。

使用頻度もごく低いようであるし、あとどれくらいここに在ってくれるかしら‥‥。仲江間閘門と並んで、水郷の極小閘門では最古級の一つ、更新工事の順番が巡ってくるのを祈るしかありません。

201015.jpg周りをうろついている間じゅう、甘えたようなハトたちの鳴き声が絶えませんでした。手すりの上に留まったハトに目をやると、仲むつまじくお互いを毛づくろいしながら、羽をゆるめてふくふくとふくらみ、心からリラックスしている表情。

ハトたちのくつろぎぶりを見ても、稼働率の低さがわかろうというもの。可愛らしいしぐさには和まされたものの、それを思うと少々複雑な気分ではありました。

(29年1月2日撮影)

(『前川の白鳥』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大洲閘門 水郷 前川 閘門 水辺の鳥たち