4月16日のさくらしべ降る水路…2

(『4月16日のさくらしべ降る水路…1』のつづき)

204006.jpgで毎度おなじみ、大横川の桜みっちり区間に入ったわけですが‥‥‥‥まあ、さもありなんと申しましょうか。

ともあれ、ちょっと初夏の香りすらする暖かな好天と、澄んだ河水に感謝するばかり。絶好の川走り日和であることには、違いないのですから。ゆるりと新緑を楽しんでまいりましょう。




204007.jpg諸々の好条件が揃ったせいか、透明度はご覧のとおり高レベル。河底が白く透けて見える水面に、点々と花弁がたゆたうさま、いや、まさに春の贅ですわい。

汐浜運河でも触れたように、花筏とはいかないまでも、まばらに浮かんだ花びらが途切れなく、地紋のように続くさま! 川面がピンクに染まる華やかさはなくとも、名残りの佳さといいましょうか、こんな時期もあるんだなあと、改めて惹かれた次第です。

204008.jpg
散ったとはいえ、ここは水面低く枝をさしかけるのが身上の大横川。瑞々しい葉の傘をさしかけた名残の花たちが、舷側近くで迎えてくれました。

204009.jpg
花弁を落としたしべもあらわに、紅色に染まった濃厚な枝ぶりを見上げて。

こうして眺めると、字のごとく「さくらしべ降る」という季語が実感されて、何だかとても新鮮。盛りを逃したとはいえ、馴染みの水路に新たな表情を見せられて、かえってトクをした気分でした。

204010.jpg
おおお、練兵衛橋北詰の一本だけ、満開に近い咲きっぷりですね! ここだけ種類が違うのか、それとも日照や風通しの関係なのか‥‥。
撮影地点のMapion地図

(29年4月16日撮影)

(『4月16日のさくらしべ降る水路…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 江東内部河川

4月16日のさくらしべ降る水路…1

えらく気取ったお題にしてみましたが、半ばは桜の見ごろを逃した悔しさであります。

先週9日は満開のタイミングだったにもかかわらず、雨時々曇りですっかりやる気を削がれ、今週16日も芳しくない予報と、毎日曜日の悪天候にくさっていたところ、どうやら持ち直して出港と相成りました。

204001.jpg
昵懇のM艇長ご一家と一緒に、急上昇する気温で靄にけぶる運河上へ出てみれば‥‥。海洋大のカッターピンネースが、新砂水門前で帆走準備をしているシーンに出くわしました。

チャージの指揮の下、漂泊しつつマストを立て、索具を張りときびきび動く艇員の皆さん。南風の強い日だったので、沖に出ればだいぶガブったでしょうが、セイリングにはもってこいだったかもしれません。

204002.jpg

204_003.jpgM艇長は初見の新イグアナクレーン。緑の塗色が、周りの新緑と似合ってよい感じです。さてこの右側、都市計画運河橋梁をくぐった向こう、西岸にある一群の桜はどうでしょう。

ああ、やっぱり‥‥と口をついてしまいますが、ほとんど散って葉桜になる前、残った蘂(しべ)の赤味が目立つ、ちょっと寂しい感じ。でも、どこかに少しは名残り咲き(?)があるかもと、探しつつ微速で進むことに。


204005.jpg汐浜運河に入ると、花筏‥‥とまではいかないものの、一面に花びらが途切れなく浮かんで、見つめていると無限に続く地紋のようです。

この日は水のコンディションも良好で、透明度もそこそこあったため、ときおり跳ねる魚の水音に加え、たゆたう花弁も日ごろに増して風情があり、よいものでした。



204004.jpg
平久川から大横川に入ったところで、同乗ご一同から「あっ、あそこあそこ!」と声が上がりました。汐見橋西詰の角にある一本、まだ花を落としておらず、結構な咲きぶり!

いや、ようやくの感がありましたが、風が吹くごとにざあっと散る花吹雪とともに、破顔して見入ったものです。やはり水路の桜は、好天下でこそと改めて思ったものでした。
撮影地点のMapion地図

(29年4月16日撮影)

【29年4月24日】読者の方のご指摘で、1枚目の写真の艇はカッターでなく、ピンネースということがわかりました。お詫びして訂正いたします。ご指摘ありがとうございました。
ちなみに、カッターは6~12挺櫂で外板鎧張りの複座艇、ピンネースは12~14挺櫂で外板二重張りの複座艇(『端艇と帆走』成山堂書店・昭和46年発行より)を指すそうです。

(『4月16日のさくらしべ降る水路…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 曙北運河 汐浜運河 大横川 イグアナクレーン

2月19日の川景色…1

(『2月19日の隅田川』のつづき)

202041.jpg
長きに渡り、更新工事の進み具合を観察してきた大島川水門。いよいよ衣替え(?)も、大詰めに入ったようですね! 前回、昨年11月20日に見たときは、左径間の巻上機室が立ち上がっておらず、扉体もまだ見えず角落しがはめられていました。今回は眺めたかぎり、各パーツは出揃ったようで、後は細かい仕上げを進めるばかり、といった感じに見えます。

前回同様、左は径間いっぱいの幅を使って、クレーン付き台船が碇泊中。いや、スパッドを刺して停まっているのだから、碇泊はおかしいかな。左に遠慮しながら進入開始、右径間軸線を狙ったものの、残念ながら真正面とはいきませんでした。

202042.jpg
堰柱はがっしりと太くなり、色も落ち着いたいい感じ。ん? 銘板に代わり、名前の入った行灯看板が掲げられ、書体が勘亭流っぽいアレ‥‥。更新後の住吉水門(『7月10日の水路風景…14』参照)と同じですね。

筋交、行灯看板、勘亭流もどき‥‥。都建設局としては、今後改修された水門は、すべてこの仕様で統一するのかしら? 行灯看板、左右の堰柱にも文字なしのものが備えられていますね。通航船艇への告知をする、電光掲示板は中央下に備えられているし、何か別の用途がありそう。

202043.jpg大横川の桜並木区間に入り、つぼみが膨らんできた枝を楽しみに見上げながら、微速でゆるゆる奥へ。陽もうららか、春が少しづつ近くなっていることを感じさせ、よいものです。

黒船橋船着場に、四角いラフトが追加されていました。桜まつりの準備かな? もちろん今はだれもおらず、ご覧のとおり、鴨さんが格好のお昼寝場所として使用中でした。

202044.jpg平久川から汐浜運河に出ようと、大横川との変則十字流を右へ。おお、北東角の小さな河津桜(でしたよね?)、かなり開花していますね!

満開とはいえないものの、6分咲きといったところでしょうか。可愛らしい咲きぶりを目にして、身の回りが一気に春めいてきたように思えたものです。この調子なら、汐浜運河の桜並木も咲いているに違いありません。



202045.jpg
というわけで、汐浜運河は都営塩浜二丁目アパート前、このあたりでは最大の河津桜並木。まだ未開の枝を残していますが、これまた結構な咲きっぷりで嬉しくなりました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 汐浜運河 大島川水門 水辺の鳥たち

2月19日の隅田川

(『2月19日の神田川…2』のつづき)

202036.jpg厩橋の上流で、観光汽船の水上バス「アワータウン」と反航。例によって、お客さんと手を振りながらすれ違います。爽やかな晴天に恵まれ、この日は各船社とも忙しかったことでしょう。

改めて眺めてみると、エッジの立った直線的な外観が、背後のビル街としっくりきて、いかにも都会っ子といった雰囲気です。


202037.jpg
浅草まで遡上してきて、気になっていた更新工事中の源森川水門の様子を一枚。

すでに扉体ははめ込まれ、現在は巻上機室の工事が進行しているようですね。扉体は亀島川水門同様、淡いクリームに塗られています。向こう側にジブが見えることから、クレーン船が一隻、どうやら閉じ込められている模様。あらら、せっかくきれいにした水門右側の堤防、消したその上からまた、上書き状態で落書きされてしまっている‥‥(昨年4月『散りぎわのお花見水路…5』の写真参照)。

202038.jpg

202039.jpg光線よろしきを得て、東武線橋梁にぐっと迫ってみたくなり、下流側から仰いで一枚。まめに手入れされているのでしょう、辛子色の表面もきれいで、昭和6年竣工のよわいを感じさせないほど。

浅草駅から、急カーブを抜けて電車がゆっくり出てきました。友人のC君によると、この電車もまもなく第一線を退いて、そろそろ貴重になってくるだろうとのこと。

202040.jpg
浅草の賑わいを後に、南下することとしましょう。駒形橋で出会った水辺ラインの「さくら」も、船内はもとより、デッキにも多くのお客さんが見られる盛況。

華のある都大路の川景色、ちょっぴり春めいたこの時季ならではの舟航風景。よきかな、佳き哉!
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の川景色…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 水上バス 源森川水門

2月19日の神田川…2

(『2月19日の神田川…1』のつづき)

202031.jpg御茶ノ水駅隣接の巨大足場、暗くてうまく撮れないので、通ってもあまり目を向けずにいましたが、奥の様子が気になって一枚。

ああ、やっぱりボケてしまった。それでも、奥には鋼管矢板びっちりの改良済み護岸が、錆色の鉄骨組みの向こうにかいま見えて、工事の進捗が実感されました。神田川にとっても、「世紀の大工事」といって大げさではない規模に思えます。

202032.jpg南岸にフラットを確保する巨大足場と、北岸を結ぶ「ヒロセ プレガーダー」の仮設橋のすき間から、何とか聖橋をのぞき見ようと頑張ってみたスナップ。

まあ、養生中となればご覧のとおりで、単なるパネルの大壁面が広がっているだけなのですが、これはこれで今だけの風景、あだやおろそかにはできますまい。



202033.jpg
既製トラスで裏側までおおわれた、聖橋の直下から下流を眺めて。いいタイミングで、丸ノ内線の電車が通りました。

足場が途切れた後も、機材や建機を満載した台船が2隻、縦列にもやって航路を狭めているのがわかります。遡上するとき、下航船を認めたら、丸ノ内線橋梁のあたりでやり過ごしてあげたほうがよいでしょう。

202034.jpg
浅草橋のリベットみっちりを頭上に仰ぎながら、おなじみ船宿街を見通す楽しさ。光線の塩梅がよろしかったのか、両岸に憩う屋形たちもシャープに像を結んで、どこかさっぱりとした表情。きれいに手入れされたフネブネのある川景色、よいものです。

202035.jpg
隅田川に出て左へ切り、軽く浅草まで遡上することにしました。蔵前橋の中央径間、銘板周りをアップで。

銘板を照らす一対の橋側灯の細やかな造作、高欄に施された透かしの装飾に目を奪われます。山吹色の塗装もだいぶ色あせてきて、レモンイエロー(?)といった感じに薄まってしまいましたが、暖色系の橋には冬の陽射しがよく似合いますね。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の隅田川』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 隅田川 橋の裏側