冠雪下の出港!

88001.jpg前夜に結構な量の雪が降った、明けて2月18日の朝。冬晴れの空が戻ってはきたものの、夜来の雪は融け残ってそこここで凍り、マリーナへの道々もそろそろ歩きで倍の時間がかかったほど。さて桟橋に着いてみると…。

ご覧のとおり雪化粧。ええ、冠雪時に訪ねたのはもちろん初めてですので、軽くコーフンしたのですが、「滑って落ちたらどうしよう」と、不安に駆られたのも事実。

恐る恐る一歩を踏み出してみると、気温が低いせいか意外とサラサラで、靴の下で雪がキュッキュッと鳴る感触が楽しめました。

88002.jpg艇上の冠雪も初観測というとことで、記念写真を。
いや、雪が積もったことは進水以来、過去に何度もあったのでしょうが、私が見たのが初めてというだけです、はい。

一見真っ白のサラサラに見えますが、手ですくって鼻先に持ってくると、砂ぼこりを結構な量含んだグレーがかった色。冬は、北風に乗って運ばれてくる砂ぼこりがひどく、艇が全体的にジャリジャリする季節でもあるんですよ。

88003.jpg
かぶせたシートの上に積もった雪が、朝日を反射してキラキラと光り、なかなかキレイ。我が木っ端ブネの雪化粧も、乙なものじゃワイとしばし見とれていました。

いや、呆けている場合ではなかった…。桟橋や甲板上の雪かきという、いつもとは違った作業が待っているのですから。
雪に滑って落水する危険を思えば、何より先にやっておかねばならないでしょう。

88004.jpg
シートに積もった雪を手で払いながら、半ば凍ったシートを巻き折りつつバリバリはがし…と書くと簡単に思えますが、薄く積もった雪とナメていたら、これが結構な量。とても手で払いきれるものではないと、半分はがしたところでもぐり込んでデッキブラシを引っ張り出し、舷側に向けて掃き落とすことに。

強い北西風(確か、8mくらいだったでしょうか)で、払った雪は粉状になって、顔面に吹っ飛んでくる始末。それでも初めての体験とあって、楽しく作業しているうちに体もあたたまり、30分ほどで甲板と桟橋の雪かきを完了。足元の心配もなくなりました。

88005.jpg充分な暖機をして、いざ出港。しかし、昨夜の風雪をともなった荒れ模様が、ウソのような快晴ですね。気温が真冬なみに低いとはいえ、天候が不安定になっているのは、春が近い証拠でもあるのでしょう。

ここ数年、毎年春が近くなると、穏やかな晴天の続く真冬が、懐かしくさえ感じられるようになりました。別に、生来の寒がりを克服したわけではないのですが、不安定な天候に一喜一憂させられる春から秋にかけてより、安定して晴天を恵んでくれる冬こそが、木っ端ブネと水路行に適した季節のように思えてきたのです。

今回もなじみのコースをめぐる近場回りですが、このあたりについて考えさせられる船行きでもあったので、道々に触れてみたいと思っています。


(24年2月18日撮影)

(『2月18日の内部河川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 砂町運河

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する