小名木川のテラスを見る…6

(『小名木川のテラスを見る…5』のつづき)

81036.jpg越中島線のトラスの少し西側で、新しい鋼矢板が途切れていました。旧テラスの鋼矢板は切り揃えられてはいるものの、まだ取り去っていない土やコンクリート塊が残されています。

写真左には、撤去中の旧テラスも見られ、施工法を順を追って図解されているような気分に。露わになった旧護岸の石垣も、工事が終われば新たな法面に覆われてしまうので、ほんの短期間しか見られない風景です。

81037.jpgここから先は、横十間川との十字流まで旧テラスが残されている未施工区間。近いうちにここも取り壊されてしまうと思うと、何気ない一枚も貴重な記録になるのだなあ…。しっかり撮っておこう。

旧テラス上の緑地帯というか植え込み、下草が刈り込まれ、木々も剪定されているのかさっぱりとした感じ(下写真)で、撤去が迫った今もなお、しっかりと人の手が入っていることがわかりました。

81038.jpg

81039.jpg小名木川クローバー橋の4つある橋詰は、テラスが造成され、南東角のスポーツ会館前には船着場もあるなど、早くから親水化が進められてきたところです。現在進行しているテラス延伸が成れば、これらの橋詰テラスとも一体化するのでしょう。

さて、ここで横十間川に入り、気になる北十間川の様子を見てから帰ろうと右へ(下写真)。この角度から見上げると、クローバー橋のルーバー状装飾がスダレのようで、ちょっと面白いですね。

81040.jpg

撮影地点のMapion地図

(23年12月10日撮影)

(『横十間川に拾う…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 小名木川 横十間川 江東内部河川 水位低下化河川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する