師走の荒川河口で

81001.jpg12月10日はお休みをもらって、江東内部河川に遊んできました。とはいっても午後に予定があるため、そんなにゆっくりとはしていられません。午前中限定の、少々あわただしい近場回りです。

マリーナには、すでにキンクロ君たちが飛来しており、久しぶりに可愛らしい姿を見ることができました。水路に冬の訪れを感じさせるのは、やはり澄んだ水と空気、そして冬の水鳥たちです。

81002.jpg
荒川の遡上を始めて間もなく、ふと振り返ってみたら、おお、富士山が見えた! ほんの一瞬でしたが、すっかり雪化粧をした美しい山容を目にすることができて、ものすごくトクをした気分に。

長年このあたりをうろついていたにもかかわらず、荒川河上から富士山が見えることに気づいたのは、恥ずかしながらこれが初めてです。もっと南下した中防の近くなど、開けたところで見たことはあるのですが、堤防や建物にさえぎられがちな川や運河では、やはり見える場所は限られるのでしょうね。

81003.jpg霊峰富士が拝めるのも、澄んだ冬の空気のお陰と、ますます冬の水路行にはまりゆく船頭。もっとも、我が身をみれば上から下まで重ね着しまくり、使い捨てカイロもベタベタと貼りまくりの惨状(?)で、別に寒がりを克服したわけでも何でもないのが痛いところ。

あくまで青い川面を、勇ましい引き波を立てて走る曳船「東庄丸」と並んで遡上。

81004.jpg
いつ眺めてもカッコイイ葛西橋を航過。吸い込まれそうな青さの冬空を背景に、端正なラインが際立って見えます。

81005.jpg
そして閘門様沖に到着。ゲートとタワーマンションの間に顔をのぞかせるスカイツリーも、澄んだ空気の恩恵でディテールもくっきり、距離を感じさせないほどです。

この日の最高気温は12℃、快晴で風も穏やかとあって、建物の影にでも入らないかぎり、陽射しが暖めてくれます。冬の水路行には絶好の日和ですね。さて、ゲートが開くまでのひとときを、楽しむとしましょう。
撮影地点のMapion地図

(23年12月10日撮影)

(『閘門様のご託宣』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 荒川 荒川ロックゲート 閘門 水辺の鳥たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する