音無渓谷のストラクチャー…4

(『音無渓谷のストラクチャー…3』のつづき)

80016.jpg

80017.jpgふたたび音無橋を仰ぎ見て。冬の陽射しに照らされてくっきりと浮かび上がった、側面のディテールが堪能できました。しかし、木々にさえぎられて、全景を眺めることがかなわないのは、紅葉がきれいとはいえ、やはり残念ではあります。

橋詰に上がってみると、竣工間もないころの写真を添えた説明板が。川面に姿を映していた時代もあったのですね。三径間のアーチがつくる倒立像、さぞ美しかったことでしょう。

80018.jpg
都電荒川線の王子停留所、下りホームから眺めた旧河道の末流区間。画面奥が下流側で、チラリと見えるコンクリート壁が、トンネル区間と合流する地点の導流堤です。

護岸の石垣化が、親水公園だけでなく、ここまで及んでいるのが印象的。旧河道は、鉄道と明治通りの下を直角に曲がりながら暗渠でくぐり、都電のホームが始まるあたりでふたたび開渠となっています。
撮影地点のMapion地図

80019.jpg都電に乗って王子を発車直後、窓から石神井川が見えたのは当たり前として、ちょっと色めき立つ光景が展開されていました。旧河道の落とし口付近には、機付きの作業艇がもやっており、さらにその奥、本流に浮いているのは何だ!

泡を喰ってカメラを取り出し、すみませんと周りに声をかけながら、ブレるのもかまわず写したのがこの写真。乗客のみなさん、ご迷惑をおかけしました…。

80020.jpg本流に浮いていたコレ、一見したかぎりでは、ポンプ式の浚渫船のようですね。このあたりは土砂がたまりやすいのかしら。以前ここに入ったときは、水面にゴミが多く、最奥部まで進むことを断念して帰ったので、いずれ暗渠の出口近くまで行ってみたいものです。

しかし、冷静に考えてみれば、周りに迷惑をかけてまで撮らずとも、次の停留所で下りて、写真にも見える橋の上から、落ち着いて観察すればよかったですね。

(23年11月20日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 音無渓谷 石神井川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する