加茂川・中海遊覧船に乗って…6

(『加茂川・中海遊覧船に乗って…5』のつづき)

79056.jpg船はぐっとスロットルを開け、プレーニング状態で快走します。水面はあくまで鏡のようになめらかなので、まさに滑るような走りぶり、実に快適。

北側、旗ヶ崎の工業団地には、サイロやガスタンクも見られ、今まで眺めてきた川景色とは対照的な、近代的な港湾都市としての一面も感じられました。

79057.jpg前方にぽかりと二つ、緑をいただいた島が見えてきました。船頭さんいわく、右が粟島、左が萱島だそう。もっとも粟島は、周囲が干拓されて陸に取りこまれ、すでに島ではなくなっているのだとか。

帰宅してから地図を見てみると、中海は北部にある大根島、江島を代表格に、弁慶島、亀島、沖俎岩、松島などの小島が散在する、多島海ならぬ「多島湖」としての一面も持っているのですね。

79058.jpg
進行方向右手、安来市側の八尋鼻なる岬に、櫓状の施設を発見。「米子湾観測所 建設省」とありました。もっとも、米子の「子」の字は落ちてしまっていましたが。

験潮所…イヤ、湖ですから、水位観測所というべきですか。しかし、中海の最奥部は「米子湾」と呼ばれていたのですね。知りませんでした。

79059.jpg
船は萱島にぐっと接近して、水際の岩場や木々のディテールが判別できるほどになりました。こういういかにも上陸してみたくなるような、グッとくるサイズの小島って、自艇で見ることのできたのは、横須賀の猿島と勝山の浮島くらい。小島を間近にできるというだけで、もう何かわくわくしてきます。

船頭さんによれば、かつてこの島には、美人と評判の女主人が切り盛りする料理屋があり、鼻の下を伸ばした男たちが足繁く舟で通ったため、繁盛したと伝えられているのだとか。
もちろん現在は無人島ですが、船着場や住居跡などの遺跡が探索できそうで、別の意味でそそられるものがありますね。

79060.jpg船は萱島の周りを半周して、弓ヶ浜半島南岸との間の狭水道を抜け、東へ反転。薄日を反射した群雲の向こうに、半身を隠した大山を望み、これまた結構な眺めです。

地図を見てみると、米子市と安来市との境界は半島南岸ギリギリを走っており、萱島は安来市側なのですね。
撮影地点のMapion地図


(23年11月9日撮影)

(『加茂川・中海遊覧船に乗って…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 中海 加茂川・中海遊覧船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する