FC2ブログ

10月30日のフネブネ

(『賑やかな日本橋川』のつづき)

78017.jpg
10月30日の道々に出会ったフネブネをここで。

豊洲水門から豊洲貯木場跡の横(このあたりはまだ、春海運河のエリアだったかな)に出ると、漕艇訓練中の艇が2隻いたので、スロットルをしぼって微速航行。

2隻とも漕いでいる5人のうち、4人はまだ小さな子供だったので、体験イベントか、少年レガッタ教室といったところでしょうか。

78018.jpg清洲橋上流、日本橋消防署の桟橋では、訓練でもあったのか、消防艇が達着中。動いているところに出会える確率は少ないので、通り過ぎざまに一枚。

あれ? 桟橋後ろの堤防、工事中のようですね。他の区間同様、体裁よく造り変えるのでしょうか。


78019.jpg
芝浦運河を北上していると、タイミングよくアーバンランチが下ってきました。流れるようなラインのスマートな船体が、背後のテラスや高層マンション群によく似合いますね。

カタマランの運動性能は抜群で、キャタピラ車でいう超信地旋回に近い、その場回頭ができますから、狭い水路の航行も自在でしょう。チャーター便をお願いして、この船で北十間川や日本橋川を散歩できたら、楽しいでしょうね。

78020.jpg

78021.jpg砂町南運河では、浚渫船に出会うことができました。巨大な土運船「金剛丸6号」を横付けした、グラブ式浚渫船「第21須山丸」。舷側に書かれているとおり、京浜港湾工事(株)の所属。

同社サイトによると、「第21須山丸」は1740t、グラブの最大容量23立米、浚渫深度60mとあります。所有船隊の各船とも、配置図など図面も掲載されて、船舶ファンが見ても楽しいサイトです。

しかし、こちらで大型の浚渫船を見るのは珍しいですね。やはり荒川河口に接しているとあって、堆砂を定期的に浚わなければ、浅くなってしまうのでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(23年10月30日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 春海運河 隅田川 芝浦運河 砂町南運河 消防艇 浚渫船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する