FC2ブログ

10月2日の川景色

75001.jpg10月2日は、近場回りに出かけたのですが、ご覧のとおりの重苦しい曇天。この後空は明るくなり、ときどき青空ものぞくようになったものの、いま一つ盛り上がりに欠ける空模様ではあります。

分厚い雲の布団のおかげか風は穏やかで、足元に感じる水の当たりも柔らかな感じだったのが救いではありました。以下、道々目についたことを、いくつかご覧に入れます。

75002.jpg
日本橋川に入ってしばらくゆくと、一石橋の橋詰に、根こそぎ倒れて川面に突っ込んでしまった街路樹を発見。先日の台風では、突風で多くの木が倒されたようですが、ここもその例に漏れなかったようです。

木だけでなく、フェンスや柵も巻き込んでいます。親柱は大丈夫でしょうか。高欄には、船舶に向けた「倒木注意」の看板が掲げられ、航路標識としてオレンジ色のブイも設けられていました。

75003.jpg一ツ橋を過ぎたあたりで、ポツリ、ポツリと降り始め、ついにはざあっと本降りになりました。航行時に雨にたたられるのは、久しぶりです。

もっとも、高架下のこととて、ちょっと雨粒がかかるくらいの、まさにへっちゃら状態! 通り雨だったようですぐに止み、ふたたび空が明るくなってきました。


75004.jpg
日本橋川を出て、神田川との丁字流にさしかかると、やはり気になるのは、架け替え工事中の小石川橋。工事は終盤に近づいたようで、足場や台船は姿を消し、こげ茶色の塗装も真新しい桁が、姿を現していました(『小石川橋の撤去工事』参照)。

しかし、旧橋にくらべて何とも薄べったい…。新隆慶橋や、大曲から上流の各橋で同様の橋を目にしてはきたものの、やはり技術の進歩をまざまざと感じさせます。高欄が取り付けられていないせいもあって、なおさら薄さが強調されるようですね。橋詰前後の護岸も新しくなり、白い肌のコンクリートブロックがまぶしいほどです。

75005.jpg帰路に立ち寄った旧源森川…北十間川西側の奥は、線路際にちょっとした森(?)がありますが、こちらでも台風の影響か、倒木が見られました。

あの突風は本当にすごいものがありましたから、倒された水辺の木々も少なくなかったことでしょう。倒木に直撃されたクルマもあったとのことですが、繋留船は大丈夫だったのでしょうか。


(23年10月2日撮影)


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 隅田川 日本橋川 神田川 源森川 北十間川 江東内部河川 高架下水路 小石川橋

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する