FC2ブログ

山の下閘門周辺…1

(『新潟市歴史博物館と河畔散歩』のつづき)

二日目、夜明けとともに目が覚めました。信濃川の川向う、白煙をたなびかせる煙突群の間から、けむたそうな太陽が昇るいかにも工業都市らしい朝。今日もいい天気になりそうですね。

本日の第一目標は、あの工業地帯にあるんだと思うと、目がパッチリと覚めました。普段は極めて寝起きが悪いのですから、現金なものです。

70126.jpg
新潟市の東区北部の地図を見ると(Mapion地図)、信濃川河口近くから阿賀野川を結ぶかたちで、曲流しつつ東西に延びている細い水路が目に入るでしょう。その名を通船川といいます。

もう通船川という名前だけでも、意識が吸い寄せられるものがあるのですが、加えて、通船川と派川・栗ノ木川は、江東内部河川同様の水位低下化河川であること、またその両端には閘門が備えられ、通航を確保していることなどを知り、コレハ! とくるものがあったわけです。

信濃川と阿賀野川に挟まれたこの地域は、天然ガスや地下水の汲み上げによる地盤沈下で、ゼロメートル地帯となってしまい、ために外郭堤防や閘門、水位低下化の必要が生じました。
このあたり「ゼロメートル地帯を水害から守る  山の下閘門排水機場(新潟市東区)」(新潟土木構造物めぐり)に詳しいのでぜひご覧いただきたいのですが、旧市街の川向こうに工業地帯が発達し、水路がその動脈として機能してきたこと、地盤沈下に至ったいきさつなど、東京の下町低地によく似たところにつよく惹かれるのもがありました。

さらに、通船川はかつて信濃川河口に合流していた、阿賀野川の旧河道を利用してつくられた歴史もあるとのこと、お話だけでも腹いっぱいになりそうなネタ満載ぶりのこの地域、水路バカとして訪ねなければウソというものでしょう。

70127.jpg朝食もそこそこに宿を出て、山の下閘門前に到着。本日は広範囲に散らばった物件を欲張って周るため、さすがに自転車ではなく、まあフネでいえば艪走でなく機走です、はい。

入口前の植え込みには、「山ノ下閘門排水機場」という銘板がはめ込まれた自然石と、タービン翼車らしきものが飾られていました。

70128.jpg同じく植え込みにあった掲示板には、「ふれあい広場」なる開放区域の利用案内が。あれ、「山の下」と「山ノ下」、どっちなんだろう。まあ、「山の下」でいかせていただきましょう。図でおわかりのように、ダブルセクターゲートの閘門です。

事前情報で、閘室のすぐそばまでのスペースが、平日の日中は連日開放されていることを確認していたのですが…。


70129.jpg
ありゃりゃ、門扉が閉まっている。一瞬ガッカリしかけたのですが、考えてみたら、早く着き過ぎたことが判明。はやるあまりの勇み足でありました。

70130.jpg時間がだいぶあることがわかったので、周囲を散策することに。「終日開放区域」とされている遊歩道は、夏草が高く茂ってしんと静まり返り、人影はありません。

すぐ横には製油会社のものらしい、古びた油槽がいくつも迫り、いかにも工業地帯といった雰囲気。風のないじりじりとした暑さもあってか、ずいぶん昔に戻ったような錯覚に襲われました。
撮影地点のMapion地図


(23年8月10日撮影)

(『山の下閘門周辺…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 信濃川 山の下閘門 通船川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する