新潟の水上バス…4

(『新潟の水上バス…3』のつづき)

70016.jpg
柳都大橋の裏側にくぐりざまカメラを向けると、上下線の桁のすき間から陽射しが差し込んで、くっきりと光の帯を作っているのが撮れました。

70017.jpg上流側から望んだ中央径間。ううう、すし詰め状態で体を動かせないのがツライ…。

もうお気づきのように、水は茶色く濁っており、流木やゴミなどの浮流物も多く見られ、コンディションはいま一つの状態です。信濃川・阿賀野川流域にも少なからぬ被害をもたらした、先日の豪雨の影響がまだ残っているのですね。


70018.jpgおっと、一つ忘れ物です。柳都大橋下流の岸壁にもやっていた消防艇。新潟市消防局の「にほんかい」。

乾舷の低く、幅の狭い船体に、背の高い甲板室を乗せたアンバランスなところが魅力。スターンに乗せた装載艇は、PWCでしょうか? 後で見に行ってみよう!


70019.jpg
70020.jpg柳都大橋をくぐると、船は右へ舵を切り、萬代橋西詰船着場へ。

こちらも水面近くまで低めてはいるものの、テラスの一部に溶け込んでいるような、目立たない感じ。考えてみれば、日本海側は干満の差が無きに等しいため、東京の船着場では不可欠の、ポンツン桟橋や干満2段式の岸壁などといった設備は、一切必要ないのですね。
撮影地点のMapion地図


(23年8月9日撮影)

(『新潟の水上バス…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 信濃川ウォーターシャトル 信濃川 水上バス 消防艇 橋の裏側

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する