7月23日の川景色…1

(『7月23日のフネブネ…3』のつづき)

69016.jpgちょっと戻って、新月島運河(新月島川)で見たものをいくつか。

ここでの楽しみの一つが、石垣護岸を存分に眺められること。一本北の月島運河(月島川)とくらべて、繋留船が少なくちょっと寂しい部分はありますが、その分護岸の鑑賞には具合がよく、古い埋め立て地であることが感じられ、いいものです。

写真のような、水辺に立てられた神社が艇から見られるのも好きなところ。ちなみに船乗りからも崇敬された、住吉さんだそうです。さすが。

69017.jpgまた、木々が水面に張り出しているところもいくつかあり、それが街路樹や桜並木でなく、私有地から生えているものがほとんどであるところも、興味深いものがあります。

ご多分にもれず、大区画の建物が多くなってきましたが、昔ながらの民家が、のびのびと葉を茂らせた大樹とともにたたずむ姿も見られ、石垣護岸によく似合う、しっとりとした水辺風景の魅力がありますね。

69018.jpgほぼ中央に架かる、清澄通り・新島橋をくぐったあたりから、浜前水門を望んで。

数年前とくらべても、だいぶ繋留船が減った気が…。今や、勝どきマリーナの桟橋周辺だけになってしまいました。




69019.jpg
浜前水門をくぐって。管理橋が薄べったいせいか、信号や電光掲示板は左右の堤防上に追いやられ、左右の堰柱にそれぞれ階段があることも手伝って、賑やかな感じがします。

ちなみに浜前水門、佃~勝どきの隅田川東岸では、唯一都港湾局の管理下にある水門で、他の佃水門、月島川水門は、都建設局・江東治水事務所管理の水門です。

69020.jpgやはり気になる旧臨港消防署の庁舎…跡。護岸ギリギリのこの角度から眺めると、陸側の建屋と上部構造が撤去された跡が生々しく、いかにも廃墟のおもむきです。

しかし、何でこんな中途半端に撤去したのでしょう? 再利用するあてがあるのか、それとも単に堤防の切り取り部分で、計画高水位以下になるところができるからか…。そういえば、ここに架橋計画があるとのことですが、着工はいつごろになるのでしょうね。
撮影地点のMapion地図

(23年7月23日撮影)

(『7月23日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 新月島運河 浜前水門 臨港消防署

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する