FC2ブログ

調布取水堰を訪ねて…1

68001.jpg7月17日夜半に懸案事項がようやくひとつ片付き、明けて18日の休日は出かけようと思っていたら、これが分厚い曇り空でちょっとがっかり。

そうだ、「多摩川・丸子橋で手漕ぎボートに乗る」(がーちゃんフォトアルバムVol.2)で紹介されていた、多摩川の貸しボートに乗りに行こうと思い立ち、ろくに準備もせず、午後になってバタバタと出かけたのが、つまづきのはじまりでした。

丸子橋を渡って川崎側に着いたものの、河川敷の駐車場への入口がわからない…。ずっと下流のガス橋まで連れて行かれたり、しばらく付近をぐるぐる回ったりした後、ついにギブアップ。
がーちゃんご一家家長・ちょぶさんに電話で助けを乞うと、横目で見つつ何度も通り過ぎていた、「ゴルフ場入口」と書かれたところが入口であることがあることが判明。

脱力しつつ駐車場に入ると、ちょぶさん、halcoさん、がーちゃんが自転車で様子を見に来てくださり、恐縮至極。ここでちょぶさんより重要な情報が!
ボート屋さんはお休み
だそうです…ガックリ。だから事前に電話で確かめればよいものを、過去ログの「がっかりしたけれど…1」から、まったく学習していません。

68002.jpg
やる気が萎えて凹む船頭に、せっかく来たのだから、自転車で調布堰の閘門を見に行きましょうよ、と優しく誘ってくださるちょぶさん。お言葉に甘えて、halcoさんの自転車をお借りし、地元民・ちょぶさんの豪華ガイド付きで丸子橋を渡り、閘門見物と相成りました(写真は帰路撮影)。

ちょぶさんの後ろについて走りながら、丸子橋の曲線美に惚れ惚れ。川風も気持ちがよく、お陰さまで凹んでいたやる気も、ずんずんと快復してきました。

68003.jpg気分が高揚してきたところで、閘門を正面上空から眺めたくなり、一旦停止してカメラを向けてみました。東横線の橋の影になっているせいか、堰がずいぶんこじんまりとして見えます。

ズームでぐっと寄ってみる(下写真)と、おお、下流側扉体のオーバーフロー、魚道の様子とディテールが手に取るように分かりますね。落差がそうあるわけでもないのに、堰の小瀑布が放つ涼しい風が、ここ橋の上まで流れてくるのがわかりました。

68004.jpg

68005.jpg堤防上の道路から河川敷の小径に下りて、いよいよ閘門に接近。ちょぶさんによると、堰の横は管理スペースで、以前は道が途切れており、一般の通行ができるようになったのはつい最近なのだとか。

水位計測施設の向こう、法面には今でもずいぶんいかつい柵が設けられていますね。以前拝見した記事「調布取水堰閘門」のように、うまく写真が撮れるかしら。
撮影地点のMapion地図

(23年7月18日撮影)

(『調布取水堰を訪ねて…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 調布取水堰 閘門 多摩川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する