長瀞渓流下りふたたび…5

(『長瀞渓流下りふたたび…4』のつづき)

67021.jpg
激しくなる水音とともに、高砂橋を見上げつつ下る舟。奇岩群と緑の渓谷に彩られた川下りもあとわずか。もっと乗っていたい…。

で、もっともコーフンさせられたシーンとはですね、
撮影地点のMapion地図

67022.jpg
フネブネの上架シーン!
そう、長瀞の観光舟は、下りの一方通航なのです!

流速の早い渓流とくれば、もとより曳船で舟を連ねて遡上するわけにもいきませんから、ここでトラックに重ね積みし、起点の親鼻橋まで陸送して泛水、ふたたび川を下るわけです。

67023.jpgフレームを使ってスリングポイントに手早く玉がけする作業風景、重ね積みのしかた、さらに船底形状も見ることができて「うひょひょひょ、スゴイスゴイ!」と、もうコーフンの極み。

こうして見ている間にも、作業を終えたトラックが次々と河岸を離れてゆきます。今日は書き入れ時ですから、陸送に携わる人たちも目の回るような忙しさでしょうね。

これを眺められただけでも、下流コースを選択した甲斐はあったというものです(断言)! 渓流下りのスリルを味わうなら上流コース、飛び込みから上架輸送まで、バラエティ豊かなシーンが楽しめる下流コース、といったところでしょうか。

67024.jpg我々の乗った舟は、さらに下流にある船着場へ到着。意外と流れの速いところで、船頭さんが巧みに舟を回し、砕石を盛った河岸にミヨシづけ、「お疲れさまでした」と送り出されて上陸。

いや~、楽しめました! この後、船社の用意したマイクロバスで岩畳に送ってもらい、昼食となりました。


67025.jpgおまけ。岩畳近くの食堂で2階に上がったら、なんとまあ、懐かしいジュークボックスが静態保存状態に!

ちなみにガラスケースに掲げられたジャケットは、尾崎紀世彦「さよならをもう一度」、小柳ルミ子「わたしの城下町」! コイン投入口には、1曲20円、6曲100円の表示が…。曲名から判断すると、昭和46年で時間が止まっているようです。


(23年7月3日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 長瀞 荒川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する