川跡の首都高をゆく…2

(『川跡の首都高をゆく…1』のつづき)

66006.jpg
ここで、川跡区間独特の標識、「橋脚注意!」が登場。たまに通っても、横目で見ながら意識するだけだった、「もともと川ですから」と主張するが如きこの標識を、ゆっくり眺められるこの面白さ。

66007.jpg頭上を覆う東京高速線の橋脚の間から、松幡橋が見えてきました。側面に大きな看板が掲げられていて、橋のディテールはほとんど見えません。

看板に「カーブ注意」の表示が見られますね。楓川の区間は次の弾正橋でおしまい、京橋ジャンクションから新富町出口までの短い区間は、「築地川・楓川連絡運河」といって、震災復興事業の一環として新たに開鑿された部分で、このカーブは連絡運河の始まりを示しているのです。

66008.jpg弾正橋、今は八幡橋として江東区に保存されている、国産初の鉄橋が最初に架けられたところとしてよく知られています。個人的には、日本橋川の一ツ橋に劣らない、立派な「鋼桁橋のラーメン橋台橋」が今なお存在していることを、むしろ強調したいです。

もっとも、ご覧のとおり北側にデッキが造られて、こちらからではまったく観察しようがないのが残念ですが。

この橋の向こうは、左に桜川(八丁堀)、右に京橋川、そして先ほど触れた築地川・楓川連絡運河と、船影濃い水路が集中する都心の十字流でしたから、橋の意匠にも相応の意が用いられたに違いありません。

66009.jpg
さっきから妙に車間をあけていますが、お察しのとおり前を走るトラックさんが視界をさえぎるので、間合いを取っているのであります、はい。

まあ、いかに間合いを取っても、周りがこのありさまでは如何ともしがたい…。数少ない原形を残している橋、新富橋もご覧のとおり、京橋ランプの防音壁にさえぎられて、なんともギギギな状況。それでも橋脚や桁の側面をチラチラ盗み見ることができて、結構楽しめました。

66010.jpgあっ、中央区役所が見えてきた! 川跡区間に残された橋で、もっとも気になる橋が間近に迫ってきている!

しかし、新富橋同様、橋を見上げる余裕はほとんどなさそうな雰囲気…。ほんの一部でもディテールが拝めれば、よしとするしかなそうですね。
撮影地点のMapion地図


(23年6月6日撮影)

(『川跡の首都高をゆく…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 楓川 築地川・楓川連絡運河 首都高中央環状線

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する