FC2ブログ

水路をゆく・第二運河 23年7~9月のご案内



【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、全線ご紹介を目指しています。

幅192ピクセルの小さい画像は、クリックすると別窓で拡大表示できます。
当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はご遠慮ください。
いただいたコメントは、承認後の表示となります。
各記事と関連のないコメントは、できれば、この「ご案内」のコメント欄にお願いいたします。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。

当ブログは、Doblog「水路をゆく」の姉妹編として、20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」の記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。

【更新履歴】
【9月27日更新】タイトルバック画像を更新しました。新芝川、稲荷橋です。23年9月25日撮影。
【9月16日更新】タイトルバック画像を更新しました。派川新井郷川分水路にある新井郷川閘門(現在は閘門としての機能はありません)です。23年8月10日撮影。
【9月6日更新】タイトルバック画像を更新しました。通船川、山の下閘門と曳船に曳かれる筏です。23年8月10日撮影。
【9月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。信濃川、上流側から見た萬代橋です。23年8月9日撮影。
【8月27日】ご来訪者カウンターが100,000を数えました。ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。
【8月26日更新】タイトルバック画像を更新しました。信濃川、フェリー埠頭から出港中の佐渡汽船・おおさど丸です。23年8月9日撮影。
【8月18日更新】タイトルバック画像を更新しました。信濃川、関屋分水との分流点にある信濃川水門です。23年8月9日撮影。
【8月11日更新】タイトルバック画像を更新しました。新潟市、信濃川河口で見た浚渫船・第二翠龍号です。23年8月9日撮影。
【8月6日更新】タイトルバック画像を更新しました。東京ゲートブリッジ、中防側トラスを見上げたところ。23年7月24日撮影。
【7月31日更新】タイトルバック画像を更新しました。京浜運河、鮫洲付近のモノレール橋脚です。23年7月24日撮影。
【7月22日更新】タイトルバック画像を更新しました。墨田区の直線高架下水路、竪川です。23年5月31日撮影。
【7月22日】豆予告。また遅くなってしまいすみませんすみません。23日0:40~放送の「タモリ倶楽部」「船舶関係者のマストアイテムTOKYO運河ウォーカーを作ろう」に出演させていただきます。前回に引き続き緊張しっぱなしです。
【7月16日更新】タイトルバック画像を更新しました。北十間川、源森川水門です。23年4月29日撮影。
【7月13日】消えたコメントおよび記事の追記部分とも復旧していました。ご心配をおかけしました。一体なんだったんだろう?
【7月12日】本日、一部の記事とコメントが、表示されないことに気づきました。記事の方は間もなく復旧しましたが、コメントの修復は不可能で、原因も不明です。恐らくFC2によるサーバーメンテナンス時に、何らかの異常があったと思われます。悪しからずご了承ください。
【7月9日更新】タイトルバック画像を更新しました。有明西運河南口をゆく、水辺ラインの水上バス「こすもす」です。23年6月4日撮影。
【7月6日】豆予告。(1)明7日9:55~10:30放送のテレビ朝日「ちい散歩」のコーナー「流行りもの散歩」にて、拙著をご紹介くださるというご連絡がありました。ありがたやありがたや(涙)。(2)同じくテレビ朝日、「タモリ倶楽部」より再度のお召しが。9日0:20~0:50放送の「満潮になったら通れない!!最低橋リンボー・クルージング」に出演させていただきます。もったいなやもったいなや(泣)。今回も緊張しているのであまり役に立っていません。
【7月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。平久運河、白妙橋です。23年5月31日撮影。
関連記事
コメント

No title

こんにちは、ちい散歩見逃したプンプン。
タモリ倶楽部もギリギリだぁ。
情報わざと遅らせてませんかぁ~。

Re: No title

>がーさん
ああもう申しわけございませんでありました。諸事手ふさがりで、お知らせが遅れましたことを殿にお詫び申し上げるであります。
「ちい散歩」の拙著(イカロス『水路をゆく』も)紹介ですが、冒頭のほんの一瞬でした。もちろん、それでも大変ありがたいことには変わりありませんです。

タモリ倶楽部の予告

地デジの番組表に気になる番組説明がありますねぇ。

「満潮になったら通れない!!最低橋リンボー・クルージング」江東区運河銀座に多くある桁下高が低い橋・最低橋を小型船でくぐるリンボーに挑戦!スリル満点!成功するのか!?

Re: タモリ倶楽部の予告

>木場在住の大阪人さん
何とかつとめを果たしてまいりました。
家で見ていても、心なしかあの時の緊張がよみがえります。
コメントの投稿