FC2ブログ

五霞落川の水門…2

(『五霞落川の水門…1』のつづき)

60016.jpg裏側から見た水門の全景。表側同様、水辺には釣り人さんの姿がちらほら。

こちらもディテールはあっさりめで、巻上機室側面に、換気扇のフードがひとつ余計にあるのと、樋が走っている程度の違いです。扉体の構造が見える分、むしろこちらの方が水門らしい表情で、どこか安心させられるものが。


60017.jpg西側堰柱に、銘板がありました。五霞落川水門の名のとおり、五霞落川の河口を守る役目を果たしているのですね。竣工は平成7年、まだ若手といっていい水門です。

ちなみに、製造元の日東河川工業ですが、香川ローカルでCMを放映しているようですね。(『ローカルCM・日東河川工業』ニコニコ動画(原宿)より)

60018.jpg
スキンプレート側を見たかぎりでは浅いと思えた水深も、扉体をアップで見てみると、湛水したときの汚れから1m強はありそう。

径間にくらべて天地寸法が少ないせいか、構造は単純明快で、すっきりした造作に見えます。

60019.jpg管理橋の名前も「水門橋」と、外観とたがわず単純明快というか、気持ちがいいほどそのものズバリです。

ディテールについてぶつぶつ言ったものの、傍らにあった「水位伝送器」()なる計器が備えられているのを見て、ちょっと見方が変わりました。
やはり河口に位置するだけあって、地域の水防の要といっていい存在なのですね。募集した絵が掲げられるのも、存在の大きさの証しなのかもしれません。
60020.jpg


(23年5月4日撮影)

(『五霞落川の水門…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 五霞落川水門 五霞落川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する