震災後の水郷を訪ねて…9

(『震災後の水郷を訪ねて…8』のつづき)

59041.jpg
あじさい橋をくぐり、いよいよ十二橋へ。今までいくつか地震の爪痕を目にしてきましたが、水面から見たかぎりでは、そんなに大きな被害があるようには思えませんでした(もっともこの後、その見方が甘かったことを思い知らされることになりましたが)が、十二橋はどうでしょうか。
撮影地点のMapion地図

59042.jpg
角を曲がって、家並の間に小橋が渡されたおなじみの風景が広がると、どうやら無事のようでホッとさせられました。

ここでの楽しみといえば、やはり例のお店(過去ログ『魅惑の水郷…3』参照)で草餅を買って味わうこと。あやめ柄の手ぬぐいも追加が欲しいし、ぜひ横付けしてもらおうと思ったら…。

59043.jpgお店はしんと静まり返って人気がないばかりか、軒を支える柱がずれ、棚はゆがんでかなりの被害を受けた様子。営業していないことは、一目でわかりました。

船頭さんによれば、店もそうだが、むしろ餅の素材であるヨモギを栽培していた畑が、地震でやられてしまい、草餅を作れなくなったことが大きい、と話してくれました。


59044.jpg通り過ぎざまに見ると、大谷石の護岸にも剥落やひび割れが見られ、窓枠も平行四辺形にゆがんで、被害の深刻さが見て取れました。

十二橋名物の草餅が、自家栽培のヨモギを使った、正真正銘の手づくりであることも驚きでしたが、このお店が閉まっていたことは本当にショックで、何とも言えない寂しい気持ちになったものです。

59045.jpg竿さす船頭さんとよもやま話をしながら、道々の風物を楽しみつつも、やはり目線は地震のもたらした被害の方に吸い寄せられてしまいます。

風情のある大谷石の護岸も、写真のようにずれ、すき間ができてしまったところや、剥がれ落ちた部分も少なくありません。十六島の外縁は、利根川・常陸利根川の自然堤防にあたり、このあたりでは比較的土地の締まった地域のはずですが、それだけ揺れが激しかったということなのでしょう。

(23年5月2日撮影)

(『震災後の水郷を訪ねて…10』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 新左衛門川 水郷

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する