震災後の水郷を訪ねて…2

(『震災後の水郷を訪ねて…1』のつづき)

59006.jpg石垣が大きく崩落し、コンクリート柵とともに河道へなだれ落ちている…。このあたりの石垣は年代も古そうで、苔むして風情があっただけに、何とも惜しいものです。

崩落部分の外には、紅白の竿が航路標識として立てられており、舟は大きく避けるようにして下ります。



59007.jpgこちらのお店は盛業中ですが、やはり屋根が落ちてしまったようで、ブルーシートをすっぽりかぶった姿。

船頭さんによれば、瓦は大変値が張るので、これだけ被害が大きいと、復元をあきらめるところも出てくるだろう、とのこと。寂しい話ですが、台所事情を考えると、それもやむを得ないのでしょう。


59008.jpgこちらは崩落こそしていませんが、土地がゆるんだのか、コンクリート柵が道路側に向かって傾いています。

こういった被害は、あちこちに見られました。道路もきっと、波打ったりしているに違いありません。




59009.jpg痛ましい写真が続きますので、明るい話題(?)も少し。

以前、「まずは小野川散歩」で紹介した「しんちゃん」船隊(笑)に、なんと新顔が! 白鳥型と、ヘリコプター型の足踏みボートです。白鳥さんはよく見ると、首の部分に電飾がつき、しかも小型船外機を備えて機走も可能という豪華装備。


59010.jpg
このヘリコタイプの艇、結構カッコイイかも。「ともき号」なる艇名もつけられて、大事にされているようですね。「しんちゃん」同様、名前がついているところを見ると、一隻づつ違うオーナーがいるのでしょうか。

(23年5月2日撮影)

(『震災後の水郷を訪ねて…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 佐原 小野川 水郷

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する