京浜運河点描

(『「発電運河」・天王洲南運河』のつづき)

56016.jpg仮橋の架かる若潮橋をくぐり、京浜運河に出ました。

ふと振り返ると、品川埠頭橋の東詰にある桜並木が見事。ちょっと後ろ髪をひかれますが、今日は行きたいところが一つあるので、振り切って京浜運河を南下します。




56017.jpgそうそう、今まで紹介しそびれていたのですが、モノレールの橋脚に、こんなコンクリートの桟橋が備えられているものがあるんですよね。用途は分かりませんが、橋脚のメンテナンス用とか、非常時の脱出用でしょうか。

風化したコンクリートの肌から、開通当初からのものと思われます。東京モノレールも、昭和39年の開通から早47年、古びているのも当然といえば当然かもしれません。

56018.jpg
で、やはり京浜運河の楽しみといえば、高架上を身をくねらせて滑ってゆく、モノレールとの並走!

シュカンシュカンシュカン! という小気味よい独特のジョイント音につられて、ついエンジンのテンポも上げてしまいがち。周りに他の艇もいないことだし、ここは駆け足で爽快感を味わっていきましょう。

56019.jpgスロットルを倒しかけたところで、艫の方から聞きなれた爆音が…ここでもPWC艇隊が追いついてきました。

お互いのウェーキで軽くジャンプしつつ、一艇また一艇と水煙とともに抜き去ってゆくこの迫力。賑やかな運河風景に、ますますテンションも上がろうというもの。



56020.jpg斜張橋、勝島橋の東詰に、ちょっと控えめなひとかたまりの桜。このあたりは桜と他の木が交互に植わっているので、少しおとなしい感じがしますが、それでも満開の桜を拾いつつ歩くのは、楽しいものです。

暖かで水質もまずまず、だんだん雲が増えてきたのが気になりますが、快調に飛ばして引き続き南下します。
撮影地点のMapion地図


(23年4月10日撮影)

(『海老取川の桜』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 京浜運河

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する