大島川西支川を歩く…3

(『大島川西支川を歩く…2』のつづき)

50011.jpgトリの話が続いて恐縮ですが、以前、過去ログ「水辺の鳥たち」でも触れた、スズメが潮の引いた護岸に張り付いて何かついばんでいるさまを、今回も見ることができました。

護岸についた貝類の肉か、水棲昆虫でも食べているのかしらと思ったのですが、今回落ち着いてよく観察してみると、貝がついていないところにもしがみついて、懸命についばんでいました。もしかして、ノリとか藻類も好きなのかな…。

50012.jpg
テラスをさらに南下して、永代通りを渡す福島橋に到達。

過去ログ「大島川西支川…2」で掲載したように、北半分はRC桁橋で、写真は南側の鋼桁橋です。こちらも桁側面中央に、かつて銘板を掲げたと思しき跡が見られますね。

50013.jpg
親柱はご覧のとおり、まるで樽のようにどっしりとした、頼もしい風情。石張りに鋳物の銘板と、主要道を渡す橋だけに、外観にも意が用いられています。

50014.jpg
天端は丸く滑らかに仕上げられ、こちらもつい撫でてみたくなる…あれ? 忘れ物でしょうか、小さな鍵がぽつりと置いてありました。

50015.jpgちょっと嬉しかったのは、北西側の橋詰に、竣工時の橋詰広場を思わせるスペースが、小公園として残っていたこと。二枚目の写真の背景に、木がこんもり茂っているのがそれです。
公園の前には「江東区登録史跡 佐久間象山砲術塾跡」と題した説明板が立てられていました。象山先生の顔写真を拝見しながら、興味深く拝読。

そうそう、福島橋といえば、船頭にとって忘れられないところ。ぜひ一度、橋上から拝んでみたい場所でもあったのです。
撮影地点のMapion地図


(23年1月9日撮影)

(『大島川西支川を歩く…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 大島川西支川 江東内部河川 水辺の鳥たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する