11月21日の運河風景

(『11月21日の東雲水門』のつづき)

11月21日の帰路に見た、フネブネなどをいくつか。

45026.jpg東雲水門をくぐったら、保安庁の監視取締艇「かぺら」と遭遇。乗組みのお二人が、ジッとこちらを見つめており、思わず緊張。

何分あちらは40ktオーバーを叩きだす大馬力艇、ここで増速されたらちょっと…と思っていたら、本当に急加速され、盛大な引き波にしばし翻弄されるはめに。

45027.jpg東雲北運河、木村造船所前の桟橋化バージにもやう、通船らしき「かもめ」なる艇。

船首尾が垂れ下がったような甲板のラインに、少し頭でっかちな上構が乗っかった、まるでマンボウのようなおっとりとした雰囲気の艇です。


45028.jpg曙運河、おなじみ古賀オールの岸壁前では、港湾局の監視船「はやみ」と反航。

全高が低く、低い橋のある運河走りも得意そうな平べったい船型ながら、決して鈍重ではないシルエット。3年前、過去ログ「9月5日のフネブネ…3」でも紹介しましたが、こちらで会ったのは初めてです。


45029.jpg
東雲北運河で。いやもう、ごもっともでございますですよ。

45030.jpg
12月26日からのタイトルでもご覧に入れた、イグアナクレーンのド真ん中バージョン。

慣れ親しんだ物件でも、見る角度を変えると、一粒で二度美味しい楽しみ方ができますね。
撮影地点のMapion地図

(22年11月21日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 東雲運河 東雲北運河 曙運河 汐見運河 イグアナクレーン 通船 監視取締艇 古賀オール

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する