FC2ブログ

新砂水門にて

31005.jpgこの記事のつづきなんですが、強風で白波の立つ荒川河口に、追い波に尻を振られつつ進入。ちょっとでも行き足がつきすぎると波頭に頭を突っ込むので、ここは用心してスロットルで微調整しつつ、原速でじりじりと。

機走で沖に出るヨットも、激しいピッチングを繰り返し、船首で波をすくい上げています。


31006.jpg河口橋梁群をくぐったところで斜め左に変針、少しの間横波でゆさぶられるのを我慢すると、砂町運河に入ったところで波はおさまり、一息つけるわけです。

新砂水門の開口部を透かして、出船が何隻か重なって見えました。狭窄部では出船優先が原則、右に避けて速度をゆるめ、待機していると…。

31007.jpg
おお、水辺ラインの水上バスが。こちらで出会うのは珍しいですね。

ヨットが水門をかわって道を譲ったところで、ぐっと爆音を高めて、行き足をつけてきました。

31008.jpgスロットルを中立にして、堪能させてもらいましょう。船名は「さくら」、いつもながらキレイにしていますね、白く塗り上げられた船体には、錆垂れひとつ見られません。

速度が増すのに比例して、ザーザーという水切り音も高まり、船首のフレアで巻きあがった波が砕けてゆきます。


31009.jpg
真横に来たところで、客室をのぞいてみると、お客さんはまったく乗っていないようでした。どこかへ回航かしら。少なくとも、チャーター便ではなさそうですね。

しかし、せっかくキレイにしているのですから、フェンダーはもう少し、スマートなものに替えてあげたほうがいいような…。
撮影地点のMapion地図

(22年6月13日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 砂町運河 東京水辺ライン 水上バス 新砂水門

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する