小型曳船はワンオフ乗物趣味最後の牙城(なのか)

例によって、一人悦に入らんがために、過去に紹介した曳船の写真を集めてみただけなんですが…。

しかし、こういうモノに惹かれる嗜好を、何て言ったらいいんでしょう。仮に「ワンオフ乗物趣味」とでもしておきますが、何百何千と量産され、デザインも洗練されたモノよりも、無名の鉄工所で一台だけ造られた、無骨な、いかにもこなれていない外観の乗物に、魅力を感じてしまう性癖のことです。

オカの乗物の世界で、どうやらそういったたぐいのモノが、絶滅に瀕しているように見受けられる今日このごろ、水路徘徊の道々で、個性的な姿を楽しませてくれる小型曳船たちをこうして並べてみると、これら「ヒキブネ」の世界こそ、ワンオフ乗物趣味最後の牙城(しかも保存物でなく、現役の姿を楽しめる!)のように思えてきたのですが、いかがでしょうか。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。うんざりするほど曳船の写真が出てきます
と、ここまで書いてしばらく記事を放置していたら、「障害報告@webry」さんで紹介されていた、「淡路島農民車考」というサイトを拝見、認識を改めることに。

ほぼ淡路島限定の、地元鉄工所で造り続けられている、農作業用の素朴な自動車を研究したサイトですが、イヤ、平成の御代にも、こんな魅力的なワンオフ乗物趣味の対象が生きていたとは! 
オカの乗物でこの手のテイストを感じられるものといえば、かつての地方私鉄でよく見られた、自社工場製車輌くらいしか知らなかった自分としては、サイト主の方の愛情あふれる地道な研究姿勢とともに、涙が出る思いがしたものです。

オカにもまだ、似たような世界が健在であったことを喜びつつ、引き続き、思いのたけを垂れ流させていただきましょう。

まあ、フネというのは、FRP船を除いて、どんなに小さなものでも、基本的にワンオフと思っていただいて間違いありません。同型船というのがあっても、同じ線図から起こされている、というだけで、自動車のように、プレスでガンガン量産されたものを組み立てているわけではないのです。

さらに、小型船というのは、ごく限られた範囲で使われるものですから、用途や水域の状況にあわせて個性があり、加えて造船所のカラーも反映されるので、いきおい同型船に乏しくなりやすいという、ワンオフ乗物趣味にとっては、まさに理想的(?)な状況。

さらに、各ポートサービスや回漕会社の現場で、「バックヤードスペシャル的」な改造や追加艤装がなされれば、これはもう最高のスパイスづけがなされたも同様。そして同じ川船でも、独航艀や水上バスにない、曳船という船種独特の哀愁というか人間臭さのある雰囲気が、いっそうの魅力を加えているのかもしれません。

まあ、小理屈はさておき、曳船はひとつひとつ違っていて楽しい、そういことです。はい。






































































にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 曳船

コメント

No title

こんにちは 
2008年の11月にロータリーボートの事でコメントを書いて二年が経ちましたが その間色々な情報が入手できましたが 雑誌ボート倶楽部2006年1月号未だに入手できていません。相変わらずロータリーボートファンを続けております。朝潮運河より姿を消したあかつき丸は何処で生きているのでしょうか?。・・・・ 日本名ロータリーボートの仲間の動く姿が見られますよ!!。 インターネットのユーチューブ(尖閣列島の衝突事件で有名な)で想像も出来なかった走る(動く)姿がありました。但し外国の映像です。 動画検索で  YouTube sidewinder01 であります。他にも色々なシーンで大きいタイプやキャブが密閉式や後方にあるタイプやら 見ててわくわくしました。 オートバイのトライアルバイクの様な動きに感激しました。是非ご覧ください。そしてまた ロータリーボートの話題をお願いします。

Re: No title

>cf1800sさん
情報ありがとうございました。動画は何本かありますね。
以下のものが面白かったです。

http://www.youtube.com/watch?v=xpQTJpx2sXI
http://www.youtube.com/watch?v=lJ0aLGwoVQs&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=I0038DL6E2c&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=s2FhVMuupCI&feature=related

模型は自作でなく既製品のようですね、欲しくなります。

No title

おおお、寝る前の巡回に来たら、寝られなくなる。
たまらない映像ですね。
ってパドルさんの記事も素晴らしいですよ、もちろん。
なんかやれた感じの小型の船に妙な色気を感じます。

No title

連投失礼します。
あかつき君もあんなにパワフルだったのでしょうか。
働くロータリーボートの写真をいくつか見ましたがあれ(映像)ほどダイナミックではなかったような。
民族性のなせる技なのか。バリバリにパワフルなのか?
横向きにどんと加速しているとそのまま上に持ちあがっちゃうんじゃないかと思うくらいで、乗って見たくてたまらなくなっています。
まあ、見るだけでも名古屋の港祭にいって動くところを見なくてはいけない気がしてきました。
というか、ラジコン作れって天の声が聞こえてきそうです。
ああ、ごめんなさい。興奮の極みでございます。。。

Re: No title

>がーさん
ふざけているんじゃないかと思えるほど荒い扱いでしたね! 船というより、重機類と同じ割り切った扱いをされているように見えました。
そうですね、ちょぶさんの先日のレポートで、名古屋にまだ現役がいることが判明したのですから、機会があったら見に行きたいですね。
模型、動画の既製品を輸入して上部構造だけ改造というのはどうでしょう。
製品のドライブも、ちゃんと全周回転可能になっているのでしょうか。

No title

こんにちは
仕事で大阪に行ったついでに 南港に行ってみました。浮いているロータリーボートを5隻確認できました。その内の二隻は現役で目の前でエンジンを駆けて走って行く姿を動画で撮影できました。船体の寸法や細部の写真もとれました。一応私有地だったので許可を得て触れる位の近さで見られたのはラッキーでした。 是非 大阪住之江区の平林へ  今ならまだ現役のロータリーボートに会えますよ。 但し 仕事は別のエリアでやっているのか 昼休みに定位置に戻ってくるようで 12時位から12時50分にしか見れません。 やっぱり日本のボートの方が可愛く見えます。日本型の模型 どこかのメーカーで作ってくれませんかねー。出ても数台しか売れませんかねー・・・・・。

Re: No title

>cf1800sさん
情報ありがとうございました。名古屋だけでなく、大阪でもロータリーボートの元気な姿が見られるとのこと、きっと訪ねてゆかれる曳船ファンの方もおられることでしょう。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する