FC2ブログ

駆け足内部河川…4

(『駆け足内部河川…3』のつづき)

36016.jpg
京成橋の裏側、拡幅の跡がある桁に反射する曇り空の明かりと、向こう側の風景をのぞき見ながら最終コース突入。

将来、ここに定期航路でも開かれたら、この橋の向こうに展開される「鉄塔世界」の門の役割を担うのだろうなあ…などと、あらぬことに考えが及びつつも、これからの光景に動悸が高まる思い。

36017.jpg初めて目にする「鉄の大樹」の根元! おおお、スカイツリーの基部って、こんなに河畔ギリギリまで来てたんだ!

水辺のフラットは、実に収まり良く詰所群がはめ込まれ、有効利用されているようですね。詰所が並んでいる向こうの護岸は、かつては鋼矢板むき出しでしたが、背の低いコンクリート護岸に改められていました。タワーが竣工すれば、ここも美しく修景されることでしょう。このあたりは過去ログ「北十間川西端部…3」の写真と、くらべてみてください。

36018.jpg
根元近くから仰ぐスカイツリーは、曇天も手伝ってか、覇気みなぎる精悍な悪党面。

いやしかし、こうして眺めている視界の中に、一体何台のクレーンがいるのやら!

36019.jpgちょっとボケて写ってしまいましたが、右手にぐんぐんふくらんでくるタワーの根元に吸い寄せられて、声がかからないのをいいことに、もう少し、もう少しと前進。このあたりは、まだ鋼矢板のままの護岸なのですね。

前方に渡されている、クレーンが乗った足場は、いずれ本式の橋になるのか、それとも仮のものなのかしら? その先にももう一本、人道橋らしい仮橋が渡されているのが見えました。あそこまで行けるかな?

36020.jpg最微速でずるずると進んでいたら、「すいませーん、こちらには入らないでくださーい」と、護岸上の警備員さんよりご注意が。

残念、ここまでのようです。こちらからもお詫びをして、大野氏にスターンを見てもらい、狭い水路内でこわごわ転回、スカイツリー見物を終えることにしました。
撮影地点のMapion地図


(22年8月21日撮影)

(『駆け足内部河川…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 北十間川 江東内部河川 水位低下化河川 東京スカイツリー

コメント

No title

おおお、ド迫力。

5月に行った時の写真を見たら、クレーンの乗った足場は人道橋工事との記述がありました。23年10月完成予定とのことです。

Re: No title

>がーさん
情報ありがとうございました。完成したら、北十間川で一番新しい橋になりますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する