「きよす」の航跡を追って

(『桜探し散策で…9』のつづき)

分水路で中断してしまいましたが、去る3月22日、消防艇「きよす」に出会ったときのつづきです。

27071.jpg平久水門の十字流で「きよす」と別れて、汐浜運河を東へ。日も傾き、風は冷たくなってきましたが、水清く空も青く抜けて、爽やかで鼻歌の出そうな運河の帰り道。

洲崎南水門近く、吉野家さんの船溜を横目に見つつ微速で航過、例の運河の曲がり角を右折、曙北運河へ。



27072.jpg越中島貨物線のガーダーに差し掛かったところで、橋の向こう、汐見運河から出てきたのは、なんと先ほど別れたばかりの「きよす」! 平久運河を下り左折して、汐見運河を東へ移動してきたというわけですか。

面舵を取って、我々同様、曙北運河を南下するようですね。よーし、ストーカーしてしまおう。


27073.jpgここからは勝手知ったる水域なのか、今までの抜き足差し足から一転して「きよす」は爆音を高め、船足を上げてゆきました。こちらも負けじとスロットルを倒し、左舷後方に食い下がります。

ウォータージェット特有の、白い泡を含んだ航跡が、ウェーキの内側に次第に広がってゆきます。狭水路通過の警戒シフトは、すでに解いてもいいはずですが、皆さん不測の事態に備えているのか、はたまた私同様、フネに乗ったら青天井と決めているのか、船室に入る気配はありませんでした。

27074.jpg
爆音がますます高まるにつれて、航跡も広がって、ついには我が艇の周りもすっかり、白いじゅうたんが敷き詰められたような光景に。

私のヨタ写真では伝えきれないでしょうが、逆光に輝く白銀の水面は、雪のように目を射てまばゆいほど。一瞬、視界のほとんどが白くなったような感覚に襲われました。

27075.jpg航跡の泡で音波が反射されるのか、魚探のモニターには深度表示がなくなり、一面真っ赤になってしまいました。

雪原を進むような幻想的な光景を、もっと楽しんでいたい…と願ったのもつかの間、今週のタイトルにもあるように、「きよす」は曙北運河を出たところで面舵を切り、砂町運河を西へと去ってしまいました。残念。
撮影地点のMapion地図

(22年3月22日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 汐浜運河 汐見運河 曙北運河 砂町運河 消防艇

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する