捕鯨船に涙する…3

(『捕鯨船に涙する…2』のつづき)

27016.jpg
右舷後部から眺めて。最近の船ではまずお目にかかれない、まろやかなカーブを描く船尾形状に目を奪われます。クルーザー・スターンというのでしょうか、いかにも追い波に強そうな形ではありますね。

しかし、本当に手入れがよく、塗装もキレイですね。「捕鯨ライブラリー」の「配役」に記載された共同船舶設立時の保有船リストよると、第二昭南丸の竣工年は昭和47年(1972年)とのこと。これが本当だとすれば、船齢38年という超ベテラン船ということになりますが、そんなお年寄りとはとても信じられないほど、よい状態に保たれているようです。

27017.jpgほぼ真後ろから。この角度から眺めると、ダビットを利用して張りめぐらされたネットの様子がよくわかりますね。

また、側面から見ると、上部構造物の高さが目立って、重心が高そうな印象を受けますが、後ろからの印象はいかにもどっしりと腰の落ち着いた感じで、暴風圏を越えて南氷洋を目指す船相応の、重心の低く、復元力の良さそうな船型であることが見て取れます。

27018.jpg近づきながら、ふたたび船首方向に向かって微速で移動。ここで船橋前の甲板に、乗り組みの方の姿がチラリと見えたのですが、我々を見て心配なしと判断されたのか、すぐに見えなくなりました。

第二昭南丸の要目は、残念ながらわからないのですが、このクラスのキャッチャーであれば、排水量が700~800t前後、速力が17~18ktといったところでしょう。
航洋性能が良く、速力も出る捕鯨船は、本来の用途以外でも重宝されたようで、戦時中は旧海軍の指揮下に入り、特設監視艇駆潜艇として哨戒活動に従事した例があり、また戦後も、海上保安庁に借り上げられ、巡視船の代用として働いた船もあるほどです。

27019.jpg
ふたたび船橋近くを眺めて。狙う獲物が大きいだけあって、逞しい魅力にあふれた、まさに漁船の中の漁船…。内外の厳しい情勢は、彼を本来の仕事から遠ざけてしまいましたが、健気にも、黙々と与えられた任務につくその姿に、不覚にもみたび目から汗が…。

精悍にして、健気。これが初めて出会った、捕鯨船の印象でした。

27020.jpg第二昭南丸と別れて、桜探しのお散歩を再開。芝浦運河に入りました。

とは言うものの、またも前方に意識を吸い寄せられる気配が。やはり今回は、「花より団子」に終始しそうな予感がします。
撮影地点のMapion地図



(22年3月22日撮影)

【22年4月5日追記】3段目、最後の3行について追記。戦時中、旧海軍に徴用された捕鯨船は、特設監視艇だけでなく、特設駆潜艇として働いたものもありました。戦後、海上保安庁では、昭和30年代に、短期間巡視船として用船された数隻のほか、昭和20年代に測量船として購入されたもの1隻、昭和50年代には漁業監視船として、2隻を数年間、乗組員ごとチャーターした例もあったそうです。
(参考:海上保安庁全船艇史、海人社)

【22年4月7日追記】ふと気になって、手持ちの関連資料をひっくり返してみたのですが、戦時中、捕鯨船を特設監視艇に使用した記録が今のところ見当たらず、特設駆潜艇のみでしたので、お詫びして訂正します。

(『桜探し散策で…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 春海運河 芝浦運河 捕鯨船 東京港

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する