橋の裏側…5

昨年12月13日に撮った、橋の裏側をご覧に入れます。
う~ん、改めて見ると、ボケボケなものばかり…。申しわけないです。

20151.jpg新芝運河、竹芝橋。

「落橋防止装置」?の太い鎖が、橋台と桁を結んでずらりとぶら下がり、物々しい感じも。
ハト君たちの、格好の止まり木になりそうでもあります。



20152.jpg同じく新芝運河、新芝橋。

こちらの鎖は、ご丁寧に下半分をゴム管被覆されています。竹芝橋より、橋脚のある分水路幅が狭まっているため、通航船に対して気を遣ってくれたのでしょうか。
橋脚の向こうは、テラスに続く歩道のようで、窓から明かりが漏れていました。

20153.jpg新芝運河、藻塩橋。

暖色系の橋は、裏側を撮ってもキレイで、楽しいものです。





20154.jpg高浜西運河、気になる「喰われるトラス」の芝浦橋。

やはりこうして見ると、二本の高架桁をも支えているだけあって、支承も幅広で頑丈そうです。橋台の隅に下げられた鉄板のフェンダー(?)、ここもなぜか放置状態。



20155.jpg
最後は…おっと失礼、これは橋の裏側ではありませんでした。
目黒川水門の裏側、もとい、何と言えばいいんでしょう? とにかく、例の鯨が描かれた扉体を、真下から見上げてみたところです。

つるつるの美しい肌を見ていると、ただ塗り替えただけでなく、錆落しと下地処理を行なったうえで、丁寧に仕上げられたことが実感できますね。

(21年12月13日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 新芝運河 高浜西運河 高浜運河

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する