魚探に感あり!

17022.jpg
最近、どういうわけだか日本橋川・神田川づいているんですが、まあ、色々な意味で興味の尽きない水路ではあるので、何度訪ねても飽きないところではあります。
興味深いというか、他の川と一味違う部分が見られると言えば、上に掲げたGPS魚探のプロッタもそう。この表示、日本橋川は雉橋の上流付近(写真下)で撮ったものです。

以前もちょっと触れたと思うんですが、左側のGPS画面、高架下とあって衛星とのやりとりが遮られるので、赤い航跡線は途切れ途切れになり、点線で示された針路線は、ぐるんぐるんと回ってあらぬ方向を指し続け、「どこ? 衛星どこ?」と機械がおろおろと不安を訴えているようで、微笑ましくすらあります。

一ツ橋付近に至り、頭上の道路が二重にかぶさる区間に入ると、ついに衛星を探すことをあきらめてしまい、針路線も消え失せて沈黙してしまうのですから、さぞ機械も困っているのでしょう。彼に心あらば、「またこんなヘンなところに入り込んで…」と、ぶつぶつ言っているかもしれません。

画面右側、魚探の測深画面を見ると、現在の水深は2.9m、底質は砂か泥、赤い表示は、強い感を示しているとのこと。これは浅いので、感が強くて当然なのでしょうが…。

日本橋川の感を見ていて思うのは、ご覧のように凹凸が少なくなく、底の形が安定していないなあ、ということです。きつい屈曲区間が多く、橋台など岸の凹凸も相当にある上、河道に高架橋脚が林立していると来れば、特に増水時の水の動きも、いきおい複雑にならざるを得ず、水底の堆砂も波を打ってしまうのでしょう。
人口密集地を流れ下る都市河川とあって、投棄された家電や、自転車などが沈んでいる可能性もあるでしょう。魚探上にときおり、妙に四角い感が現れるのは、そういった粗大ゴミなのかも…、と想像しています。

ともあれ、海のように詳細な航路情報もなく、ともすれば増水のたびに水深すら変わりがちな、川や運河を走る者にとって、魚探は必須の装備であります。

肉眼ではうかがい知れない、水面下に隠れた川の別の表情を目にすることで、川が訪ねるたびに動き、息づいていることを知らしめてくれたのも、魚探あればこそ。まあ、釣りに使うわけではないので、本来の用途とはちょっと違うのかもしれませんが、今や川走りの、大切な相棒といったところです。

17023.jpg

(21年10月18日撮影)


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 日本橋川 高架下水路

コメント

No title

インターフェース・アウトルックという前方照射魚探というのが有るのですが川で現在居る位置より上流の水深が分かるなら欲しいと一時は思ったものです。中川の遡行限界点や利根川の遡行限界点を探りに行こうと思いつつ未だに行って無いので近いうちに何とかせねば・・・。

Re: No title

>夢民丸さん
バウより前の感を取れると、澪筋探索には便利そう。測深儀としては理想的ですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する