FC2ブログ

22年度川走り初め…6

(『22年度川走り初め…5』のつづき)

犬も歩けば…のことわざではありませんが、水路をうろついていると、思いもよらぬことがあるものだ、と改めて思った一件。
江戸橋をくぐろうとしていたら…。

23026.jpg
何か上から魚雷のようなモノが降りてきた。 

イヤ、径間のど真ん中、スルスルとヒモに釣られて、つい鼻先にこの「魚雷」が降りてきたときは、もうビックリしたのなんの。新手のテロかと思いましたわ!
すっかり泡を喰って、「うわわわ! お~い、通るよ~!」などと叫びながら、とっさに舵を切って直撃だけは回避。いやもう、ピンボケながら、とっさによく撮ったと誉めてやりたいデス(笑)。

23027.jpg江戸橋を振り返ったところ。あちらさんも驚いたのでしょう、「魚雷」はしばらく宙ぶらりんのまま、空中にとどまっていました。

おそらく、水質検査か何かの観測機器であることは察しがつきましたが、理由があるにせよ、アーチ橋の真ん中から、あのような結構な重さのものを吊り降ろすのはいただけませんね。船に直撃したら、船も人も、ただでは済みますまい。

さっき出会った警備艇が、帰りに直撃していなければいいのですが…。

23028.jpg日本橋水門の近くで出会った、ピカピカの台船。まだ下ろしたてなのでしょう、デッキや舷側の塗料も真新しく、水線付近も汚れていません。

この手のデッキバージといえば、酷使されて赤錆び、くたびれ切った姿のものを目にすることが多いだけに、珍しく思いました。

23029.jpgデッキの中央には、枕木で台座を組んだ上に、松飾りが立てられていました。オレンジ色の救命浮環を添えてあるのが、粋じゃないですか。

今年も水難者のない、安全で良い歳でありますように…と、祈っているように見えました。


23030.jpg湊橋近くの小さな船溜でも、曳船や通船が松飾りを立ててもらい、正月休みを楽しんでいました。

無骨な愛すべきこのフネブネをはじめ、東京の水路に浮かぶお仕事ブネたちにとって、今年一年が幸せな歳であるようにと、願わずにはいられませんでした。



(22年1月3日撮影)

(『ユリカモメづくし』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 日本橋川 高架下水路 曳船 台船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する