11月15日のフネブネ…2

(『11月15日のフネブネ…1』のつづき)

18026.jpg有明西運河の保安庁バースにもやう、測量船「海洋」。

621tと小柄ながら、自沈した北朝鮮工作船の探査に活躍したことで知られる、優秀な測量船です。建物の影になり、ちょっとうらぶれた感じに写ってしまいましたが、建造から16年、まだまだ活躍することでしょう。

18027.jpg
今回のイチオシが、汐浜運河で出会ったこの曳船。
古風な木造曳船ながら、化粧直しから間がないのか、白く輝く船体に、グリーンのライニングがよく映えて美しく、可愛がられているさまが見て取れます。

後部ににょっきりと後付けされた、監視用のボックスが少々アンバランスですが、それすらもこの船が現役バリバリであることがうかがえて、嬉しくなるくらいです。

18028.jpg面白かったのが、エンジンルームのケーシング側面から、排気管が延々とスターンまで伸ばされていたこと。

本来の排気は、直上のファンネルから出されているはずですから、この排気管は警戒船として停泊中、ボックスに人が入っている際に、油煙がかからないようにするためのものでしょうね。

18030.jpgお客さんを満載して、砂町運河を西に向かう派手な塗装の船は、新木場の貯木場に桟橋のある、江戸前汽船の屋形船。

昔の都電を思わせる、黄色と赤の個性的な船体は、砂町~豊洲運河ではおなじみの姿。ハッチから半身を出して舵を取っていたのは、ひっつめ髪もいなせな女船頭さんでした。

18029.jpg砂町運河曙運河曙北運河の十字流で、前方を横切っていった港内曳船。背の高いキャブと、船首をぐっと上げたブルワークのラインは、この船の活躍の場が川や運河筋ではなく、海であることを物語っています。

桁下にぶつからないよう、マストを後ろに倒して、これから橋や水門をくぐり、港内へ出掛けるのでしょう。


(21年11月15日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 測量船 曳船 有明西運河 汐浜運河 砂町運河 曙運河 曙北運河

コメント

No title

23日に、和船友の会発足者の一人であり、江東区の和船文化、技術、歴史保存に尽力されてきた斉藤富三様が亡くなられ、本日告別式が行われました。
棺には櫂がおさめられました。
出棺後、車列は横十件川の橋上で一旦停止、友の会会員および並べられた全六艇が最後の別れを惜しみました。
最後まで船に生きた方でした。
ご冥福をお祈りいたします。

Re: No title

>wasenさん
お知らせいただき、ありがとうございました。
斉藤富三氏のご冥福をお祈り申し上げます。
また、友の会の皆様にはお悔やみ申し上げます。

以前お伺いしたときに、お話しいただいたかどうかはわかりませんが、斉藤氏のお名前は、雑誌の記事などでもたびたび拝見しておりました。
櫂を黄泉への杖として、なじみ深い舟々に見送られて旅立たれたとのこと、故人もさぞかしお喜びだったのではないか、と勝手に想像しております。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する