11月15日のフネブネ…1

(『11月15日の川景色…2』のつづき)

11月15日に出会った、フネブネの姿をご覧に入れましょう。

18021.jpg曙運河を出た右手、辰巳埠頭には、青ヶ島通いの貨客船、伊豆諸島開発の黒潮丸が接岸していました。

レンボーブリッジ西詰近くのバースでは、何度か見かけたことがありますが、こちらで出会うのは初めてです。角に丸みをつけた、ウイングのないのっぺりした船橋が個性的ですね。

18022.jpg曳船に曳かれて、貯木場の囲いに入ってゆく台船を見送っていたら…。

おや、真後ろに大きく電話番号を書いた看板が掲げられています。台船で宣伝とはと、珍しく思って帰宅後検索してみたら、旧綾瀬川と隅田川の合流点にある、おなじみ伊澤造船の持ち船でした!


18023.jpg東雲沖にて。この船社の真っ赤な通船、何度も出会っているんですが、その強烈な塗装のせいか、警戒船の任についていることが多いですね。

いや、実はその逆で、警戒船専従にするため、あえて派手な塗色にしたと言ったほうが、正しいかもしれません。


18024.jpg旧ブログでも紹介しましたが、神田川で最も気になるのが、柳橋の船宿街にもやう、小松屋さんの第二小松丸。

昭和55年に建造された、東京唯一にして最後の、木造純和船型屋形船とのことで、和船好きとしても惹かれるものがあり、以前から乗ってみたいと思っているのですが、いまだ果たせず…。この船で、同好の方々と水路・水門めぐりなどしたら、楽しいでしょうねえ。

18025.jpg
隅田川河口、豊海埠頭沖にて、観光汽船のヒミコと反航。バックのマルハのマークが日に輝いて、なかなかカッコ良し。

私的に大洋漁業は、子供のころに缶詰で刷り込まれたせいか、「は」を○で囲んだ、ストレートなマークの時代が印象深く、この新しいマークでは、いまいち食欲が湧かなかった覚えが…(失礼)。
撮影地点のMapion地図


(21年11月15日撮影)

(『11月15日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 神田川 東京港 通船 屋形船 台船 ヒミコ 水上バス

コメント

No title

ああ、ヒミコいまだに乗れていないです。。。

CIが流行ってロゴマークがいろいろ変わっちゃいましたが、代理店に押し流されずに創始者たちの思いを大事にしていてくれていればよかったなぁと。。。
洗練されたデザインにはなりましたが趣がなくなりました。ジジイなりのノスタルジーかも。。。

No title

黒潮丸は私も以前船に乗せてもらった時に辰巳で見た記憶があります。中途で追い抜かれた後に接岸していましたが、意外なほど旋回が速かった印象があります。

昨日から東雲運河で寄神建設さんが橋の架設してますよ。


Re: No title

>ヒミコ
意外と、眺めている方が楽しい船かもしれません。個人的には、外に出られないのがちょっと…でした。
>ロゴマーク
お気持ちわかります。歴史の重みというか、つながりが絶たれてしまう感じがしますよね。
少なくとも今のロゴマークからは、大船団を擁して南氷洋に、あるいは北洋にと大活躍した水産会社を思い起こすのは難しそうなフンイキです。(えらそうだ)

Re: No title

>すぎちゃんさん
> 昨日から東雲運河で寄神建設さんが橋の架設してますよ。
情報ありがとうございました。う~ん、この2日間はちょっと動けない…。残念ながら、皆さんのご報告を待つのみです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する