三十石舟の宿・月見館…2

(『三十石舟の宿・月見館…1』のつづき)

15116.jpg玄関前右手には、「伏見大阪三十石早船出所」という立札と、「淀川 三十石船由来」「淀川三十石船 舟唄」と題された石碑が建てられ、川船とのゆかりの深さが感じられます。あっ、この舟唄、さっき淀川の水上バスで聴いた歌だ…。

そういえば、「舵」誌旧号で読んだ、時おり淀川下流まで航行していたという、三十石舟を模した屋形船は、今でも営業されているのでしょうか、宇治川の水量の少なさを目にした後だったので、ちょっと心配になりました。

この後、女将さんにうかがったところによると、最近は琵琶湖の水位維持のためか、宇治川上流にある天ヶ瀬ダムの放水量が少なくなり、ために宇治川の水位も下がって、とても舟遊びを提供できる状況では、なくなってしまったとのこと。

ああ、やはり…。宇治川を悠然と下る、屋形船の姿を目にしたいと思っていただけに、実に残念。「水があったころは、風情のあるいい川だったんですけれどね、今はこんな谷間みたいになってしまって…」と女将さん。
(女将さんのブログ『おかみ's EYE』の『月見館の浜』には、降雨時に放水量が増え、一時的ではありますが、水をなみなみとたたえた、宇治川の景色が掲載されています。)

15117.jpg玄関で案内を請うと、通されたのはお目当ての資料室。女将さん手作りのシフォンケーキと、美味しいアイスコーヒーをいただきながら、ガラスケースに展示された写真や、史料の数々を拝見。

舟運時代の写真は、他では見られないものが多く、川蒸気の、ダイナミックに水をかく外輪のアップ、川瀬の揚水車のかたわらを航行する川蒸気など、その筋の方なら、興奮することうけあいのスナップばかり。さすが川船ゆかりの老舗! 

そんな中で、女将さんがコレクションしたという、極彩色の泥人形…伏見人形の一群が目に留まりました。
そのうちの二つは、明らかに外輪の川蒸気。 これは珍しい、ゼヒ手に入れたい! 今も作っているのかしら?

女将さんにうかがってみると、ご親切にも、すぐに製造元の連絡先を調べてくれました。さっそく連絡してみると、人形を焼くのは年1回で、今は在庫していないが、木型はあるので来年改めて注文してほしい、とのこと。うひょひょ、嬉しい! よ~し、来年早々にも注文してしまおう…。

15118.jpg食事の準備ができたとのことで、案内されたのは2階の一室。宇治川の川景色が望める、しっとりとした和室です。う~ん、こちらに泊まればよかった、と今さらながら後悔。

川面を見下ろすと、堤防の法面の繁みを通して、月見館所有の屋形船が繋留されているのが見えました。今ではほとんど、使われることもないのでしょうか…。治水は大切ですが、船の走れない川は、やはり寂しいものが…複雑な気持ちになりました。

15120.jpg歴史を感じさせる静かな部屋で、美味しい料理をゆっくりいただき、大いに満足。料理を載せた敷き紙の絵柄があまりにも素敵だったので、置いてゆくのが惜しくなり、連れて帰ってきました。ゴメンナサイ。

ご覧のとおり、月見館前の宇治川に棹差す、屋形船を描いたもの。残念ながら、偲ぶ昔の光景となってしまいましたが、いつの日か、船影が復活することを祈りたいものです。

15119.jpg帰りがけ、お帳場のカウンターで「三十石舟」と銘打った、舟の形のお菓子を発見。女将さんが差し出す試食品をつまんでみると、生姜入りの甘いお煎餅で、素朴な味わいが気に入り、お土産に購入。

美味しいので食べ過ぎると、生姜入りとあって体がポカポカあたたまり、これからの季節、寒がりの私には、うってつけのおやつになりそうです。なくなったら送ってもらおう…。


(21年9月11日撮影)

(『蹴上インクライン…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 月見館 三十石舟 宇治川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する