鍵屋資料館

(『水上バスで淀川遡上…8』のつづき)

15066.jpg交通量の多い堤防道を降りて、旧枚方宿に入ると、先ほどまでの喧騒がウソのような、静かでしっとりとした家並み。

いっしょに下船したお客さんの後について、今回の昼食処である、「市立 枚方宿鍵屋資料館」へ。イヤ、お腹が空いていたので筆が滑りましたが、淀川舟運に関する、素晴らしい展示のある博物館であるだけでなく、建物自体が、一部は文化8年(西暦1811年)建築という、貴重な存在なのです。
…しかし、お腹が空いた!

15067.jpgえ~と、軒下のこの部分、「うだつ」でいいんでしたっけ? こんなところに、浮き彫りに彩色された鍵屋の紋が! 素敵ですね。

さっそく二階へ通され、堤防道の見える重厚な広間で、お待ちかねの昼食。名物・くらわんか寿司と、アツアツのごんぼ汁をいただきました。
どちらも大変美味しかったのですが、特にごんぼ汁が、味噌を薄めに溶き、ダシをきつめにしたような感じの味噌汁で、クセになりそうな美味しさでした。お代わりしておけばよかった…。

15068.jpg食事の後は、飴色に磨きこまれた床や柱に星霜を感じながら、展示を見学。最盛期の枚方宿の復元ジオラマ、三十石舟の模型と、水運趣味的にも見どころ盛りだくさん。一階受付では、立派な図録も販売されています。

圧巻はやはり、吹き抜けに造られた、くらわんか舟の実物大模型。鍋の汁や団子が実にリアルで、美味そうに見えてしまうのは、まだお腹が空いているせいでしょうか…。

あ、そうそう、くらわんか舟で思い出したのですが、東京港にも、これによく似た「船相手の商売をする舟」があったんですよね。

お台場などに繰り出す屋形船に接舷して、飲み物や菓子などを売る船、ずいぶん前に一度テレビで見て、いつか出会うだろうと期待していたのですけれど、ついぞお目にかかったことはなし。今でも、営業されている方はおられるのでしょうか。

15069.jpg鍵屋資料館を辞して、旧枚方宿の街並みを楽しみながら歩き、堤防沿いにある淀川資料館へ。水上バスでもご一緒した、職員の方によると、当館はわが国最初の「川の博物館」なのだとか。

淀川の治水の歴史や、川に棲む生き物の展示を楽しく拝見。資料室ではいくつか調べものもさせていただき、短時間ながら有意義な見学でした。
撮影地点のMapion地図

15070.jpg淀川の旅と舟運時代の面影に大満足の体で、枚方を離れました。枚方市駅より、ふたたび京阪電車のお世話になり、次の目的地、京都市は中書島に向かいます。

駅に急ぐ途中で…おおお、これは渋いお風呂屋さん。つい吸い寄せられてしまいがちな枚方の街、油断なりません。


(21年9月11日撮影)

(『伏見十石舟…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 鍵屋資料館 淀川資料館 くらわんか舟

コメント

No title

物売りの船とはお台場の屋形船に接舷してお土産のアサリの佃煮を売りに来る船ですか?青い和船系のセンターコンソールの船で黄色いフロートブイをフェンダー代わりに船体にくっ付けてヤマハのF-80搭載で浦安方面から運河を伝ってやって来ますよ。

Re: No title

>夢民丸@15馬力インフレータブルさん
情報ありがとうございました。
佃煮屋さんの船もあるのですね。接舷されてみたい…。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

枚方宿鍵屋資料館

枚方公園駅の近く、淀川沿いに枚方宿鍵屋資料館があります。 江戸時代は船宿で、その後、料亭として使われたそうです。 時代を感じさせる建物で、当時の小物が展示されていました。 小部屋で展示を見ていると、昔この部屋で男性客と遊女が、あんなことやこんなことをしてたのかなあと想像すると、息づかいが聞こえるようでした。 館内は撮影禁止なので画像はありませんが、くらわんか舟の映像が面白かっ...