fc2ブログ

3月10日のフネブネ…3

(『3月10日のフネブネ…2』のつづき)

314011.jpg
「ポセイドン1」の船首側‥‥AFバースに対面する形でもやっていたのは「第三開洋丸」。遠洋漁船スタイルのこの船も、海洋調査船なんだそう(『調査船隊紹介サンエイ・マリン)。669総t、平成13年竣工とのこと。船橋付近の舷側に書かれた「RESEARCH VESSEL」の文字が、きりっと引き締まった雰囲気を醸していてよいですね。

314012.jpg
第一航路に出て、並みいる紅白のキリンさんたちを眺めながら北上。コンテナ埠頭のA4バースには、EVERGREEN船隊の一隻が盛んに荷役中。

船名はよく見えなかったけれど、「EVER CERTAIN」かな? ちょこん、といった感じで接舷していた船は、「アナナス」でした。潤滑油を補給する、久宝海運のオイルタンカーなんだそう。

314013.jpgクルーズターミナルの内側、青海は東京海上保安部の船溜を訪ねてみると‥‥「ゆめかぜ」を名乗る白い巡視艇の向こうに、グレー塗装の艇が。えっ、こっちが「ゆめかぜ」じゃないの?

久しぶりの臨検!」で、「ウチの管内でグレーのはもうこれだけなんですよ」と伺ったのですから、間違いっこありません。


314014.jpg
ズームでたぐってよっく見てみると‥‥あ、トランサムの船名「ゆめかぜ」の抜き文字が、外されたのか、それとも塗りつぶされたのか、船体と同色になっていました。

そうか‥‥旧「ゆめかぜ」は退役して、新「ゆめかぜ」に代替わりしたんですね。大型巡視船でも、退役船が船名やSマークを塗りつぶされたところは、ウェブ上にアップされた愛好家の写真でよく目にするところ。我が艇に"臨検"してくれた親しみ深い艇、心からお疲れさまといってあげたいです。

314015.jpg
いささか寂しい気持ちを抱えながら、第一航路に戻ったところ、それを吹き飛ばすような爽快感あふれる走りぶりを見せてくれた艇が。湾岸署の「せきれい」! 白い航跡を長く引いて、気合の入ったプレーニングがまあ格好いいこと。水面上に浮いた喫水線下がきれいなのも、好印象でした。


(令和6年3月10日撮影)

(『3月10日のフネブネ…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 東京港巡視艇警備艇