fc2ブログ

1月7日の水路風景…2

(『1月7日の水路風景…1』のつづき)

311031.jpg港内を流した後は隅田川河口を横断、汐留川水門をくぐって、浜離宮前内水面へ進入。

堤防前はテラス化が進み、周囲には高層ビルがにょきにょき建ち‥‥と、変化の激しい隅田川の中で、浜離宮前は昔と変わらぬ硬質な風景を見せてくれる場所。生地のままのコンクリート堤防に、それを乗り越す排水機場のぶっといパイプ。このハードな雰囲気、今となっては貴重な川景色に思えてきます。

311032.jpg
で、ここに入ったら、築地川をのぞいて様子を見るのがルーチン。‥‥ああ、船着場の少し奥で、フェンスで閉塞されている状態に変化なし。

浜離宮をはさんだ汐留川と築地川って、自由通航を身上とする都内可航河川の中では、珍しい通航禁止区間。かつて不法繋留が多かったこともあり、それを警戒しての処置とは思いますが、マナーも向上したことだし、暗岩や浅瀬もなく危険の少ない築地川はそろそろ開放してもいいのではと愚考するのですが、いかがでしょう。また南門橋を堪能したいなあ‥‥。

さて、以下は先にこちらの動画をご覧になってから読み進めてください。

いつものとおり、築地川水門を通って隅田川に出るわけですが、見通しの悪い水門ゆえ通航時の長声吹鳴は必須。径間の向こうに見える上航・直進している水上バスは「竜馬」。自艇の吹鳴が終わった瞬間、左手から汽笛が! (動画では終盤、かすかに聞こえる程度ですが)‥‥さあ大変、下航船が水門へ進入してくるんだ!

311033.jpg
カメラはONのまま台上に放置して、直ちに増速し水門を出、面舵を大きく切りながら下流方向へ離脱。十分距離が取れたところで目を向けると、左舷を見せて水門に向かっていたのは、観光汽船の「道灌」でした。

ホーッと息をついたところで、頭を下げつつ手を振って、伝わったかどうかは怪しいもののお詫び。ドキッとしましたが、異常接近にはならず何よりでありました。

311034.jpg
下流側へ大回りしながら艇を立て直し、上流へ船首を向けたところでもう一枚。「道灌」はふたたび長声を鳴らしながら、巧みな舵さばきで奥へ消えてゆきました。

いや~‥‥。見通しの悪い場所、しかも定期航路もあり輻輳する区間での長声吹鳴、安全確保には欠かせないことが、改めて身に沁みた次第。皆様もゆめご油断召されぬよう。

311035.jpg
水門を抜ける際に上航していった、「竜馬」の航跡をなぞりつつクールダウン。定期便で賑わう都大路、やはり気は抜けないなあと、改めて肝に銘じたやつがれであります。

あれ、カメラが傾いているのか、橋が傾いているのか‥‥? 築地大橋を前にして撮ると、どうも水平感覚がおかしくなりがちで、いけませんね‥‥。
撮影地点のMapion地図

(令和6年1月7日撮影)

(『築地市場跡の陸閘たち』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 隅田川築地川汐留川水門築地川水門水上バス