fc2ブログ

12月3日のフネブネ…2

(『12月3日のフネブネ…1』のつづき)

308061.jpg
辰巳埠頭の本船たちを眺めながら、気持ちよく東航。どれもおなじみの顔ぶれですが、この日は離島航路の雄「あおがしま丸」の姿をスナップしました。光線の塩梅もよく、深みのある塗色が映えて素敵ですね。

つい先日、「伊豆諸島開発『あおがしま丸』での『冬の東京湾半日船の旅』ツアー、12/24に運航へ 操舵室見学も」(Funeco)と題したツアーがあり、京浜運河も通る魅力的なコースだったとのことで、数人の方が乗船記をアップされていました。このツアー、過去にも開催されて好評だったそうで、普段乗れない本船を体験できる絶好の機会ですから、ファンには見逃せないでしょう。

308062.jpg
東端近く、恒例の墨田川造船辰巳にご挨拶。もやっている船は2隻、常連さんの「まつなみ」と、手前のPC130は以前から艤装中の「はやなみ」のはずですが、フェンダーにカバーがかかっていて、船名が見えません。

308063.jpg
「はやなみ」をほぼ側面から。前回9月とくらべて、喫水も少し深く安定し、細かい艤装品も備えられ、すっきりと整理された感じに。船首甲板の支塔、機銃でなく放水銃のそれだったのですね。カバーがかかっているのは、これから引渡式か何か、式典のためと思えたのですがいかがでしょう。

308064.jpg

308065.jpgおなじみの「まつなみ」、すでに入渠作業は終わったようで、船底塗料も鮮やか。もう竣工から30年近くになるベテランですが、迎賓艇も兼ねている任務柄か、まめに整備されていますね。

右は曙運河、湾岸道路の曙橋ほか、橋梁が密集する湾奥運河独特の光景。ふと仰いだら、手前の水管橋トラスがアクセントとなり、その奥もガーダーが連続して写り、なかなかイケる橋の裏側風景に。通い慣れた水路の別の一面を発見できて、トクした気分でした。
撮影地点のMapion地図

(令和5年12月3日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 巡視艇墨田川造船曙運河