fc2ブログ

10月22日の水路風景…4

(『10月22日の水路風景…3』のつづき)

306030.jpg
隅田川といえば、旧築地市場前で気づかされたことが一つありまして。長きに渡った桟橋の撤去がほぼ終わったようで、コンクリート堤防が本来の姿を露わにしたところで、陸閘がズラリと並んでいることにようやく気づいたのでした。

今年7月、「7月9日の水路風景…4」で鋼管杭が撤去中だったころにもすでに見えていたのですから、相変わらずの注意散漫ぶりですが、堤防がこうして完全に白日のもとに(?)さらされると、陸閘の存在感もまた違って見えてきます。

306031.jpg

306032.jpg昔の水門同様、塗色は赤なのも目に染みてよいものでしたが、何より注目したのが、開口部の両側にナンバリングされていたこと!

書体もちょっと独特だし、惹かれるものがありますよね。テラスになった後も、築地市場の遺構として、非可動ながら残されたりするのかしら。今後がちょっと気になる物件ではあります。

306033.jpg
特にあてなく近場徘徊しているとて、通る水路は限られていますから、恐縮ながらこれもおなじみ、亀島川へふらりと。

降り注ぐ陽光に、両岸にみっちり並んだビル群が水面とともに輝き、明朗な街場の水路といったうららかな表情。都心近くにもかかわらず繋留船群の姿があって、寂しくなりがちな河道を賑わせているのも、この川のよいところでしょう。

306034.jpg
秋から冬にかけての風物詩の一つ、オオバン君もついに大挙飛来する時期となりました。さっそく艦隊(!)を組んで、黒くつやのある羽毛を見せながら母港のポンドを遊弋するようになりました。つい先日と思っていた酷暑も遠くなり、冬の足音を感じさせる水路風景であります。

(令和5年10月22日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 隅田川亀島川水辺の鳥たち