fc2ブログ

10月22日の水路風景…2

(『10月22日の水路風景…1』のつづき)

306020.jpg前後しますが、第一航路を南下した際振り返ってのスナップ。

清々しい秋晴れ、行逢船もないとあって、ついつい行き足もつこうというもの。広い水面で若干の波立ちはありますから、さすがに運河のようなデッドフルというわけにはいきませんが、艇体とエンジンの健康のため、回せるときはできるだけ回しておきたいですからね。

306021.jpg
天王洲南運河に入るため減速したところで、おなじみ品川埠頭のクレーン群を一枚。好天しかも空気が澄んでいることもあり、紅白の塗色が目に染みる鮮やかさ。いいですねえ。

306022.jpg
ここでふと、「ジブの先端って、どんな形をしているんだろう?」と思い、ズームでたぐってアップで。さんざん前を通っておきながら、よく知らない部分があるのはいつものことですが。

先端にはTの字状に取り付けられた、足場みたいなスペースがあるのですね。ジブ上の柵が設けられた通路と合わせ、メンテナンス時以外は人が入らないところでしょうが、見ているだけで足がすくみそうな高さ‥‥。

306023.jpg
天王洲南運河に戻って、これもおなじみ古川組のヤード前で、揚錨船「赤間丸」‥‥あれれ? 一昨年7月に見かけたときは、「第2赤間丸」だったのに‥‥。

帰宅してから、写真でよくよく見くらべてみましたが、同一船体のようです。「第1」が廃船か改名になって、「第2」を名乗る必要がなくなったのかしら。

306024.jpg
天王洲水門をくぐった直後、陽が降り注いでマストが白く輝いているのに惹かれ、「雲鷹丸」を一枚。角度がいまいちになってしまいましたが、3檣バークの帆装は佳きもの。展帆しているところを見たくなります。旧水産大学‥‥現海洋大品川キャンパスの保存船で、明治41年生まれと御年実に115歳。

陸上保存とはいえ、旧商船大の明治丸と並んで、都内に2隻も明治生まれの古豪帆船があるのは、まことにありがたいことではあります。現存している三連成汽機装備(現在は撤去されているようですが)の船としても貴重ですよね。
撮影地点のMapion地図

(令和5年10月22日撮影)

(『10月22日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 東京港天王洲南運河天王洲運河