fc2ブログ

東横堀川散策…5

(『東横堀川散策…4』のつづき)

305078.jpg
高速出口に近いビットには、屋形船が一艘もやわれていました。直線でまとめられた、窓の大きな甲板室、垂直面が茶、水平面が赤系の塗装もメリハリがあってよろしく、モダン屋形船といった感じ。

305079.jpg
ありゃ、スワンボートも! お願いすれば乗れたのかしら。おっさん一人で乗るのも不審な気がして眺めるだけに留めましたが、池や湖でない都市河川で、こういった種類の遊船を目にするのは珍しく、色めきだってしまいました。

305080.jpg
しばらく眺めていたら、トリマランのフローティングサイクルというべき艇で、桟橋用ポンツンを組んだラフトに、オーニングと座椅子を東屋のようにあつらえたものを曳航して、流路の真ん中へ曳き出す作業をしているのが目に入りました。ラフト東屋の上で、一杯やったり食事したりできるのかしら。

う~ん、これは閘門が閉鎖されていて、通航が絶えている期間ならではのサービスなのかな? さておき、ここに至って、にぶい私もようやく気付かされました。ここはただの船着場ではなく、川遊びの拠点みたいなところなのかもしれません。

305081.jpgテラスにあった案内図によると、正式名称は「本町橋船着場(暫定)」のようですが、船着場を含めたこの一帯、大阪市が肝煎で勧めた「水辺のにぎわい創出」ほかを主眼に設けられたスペースで、一昨年8月に完成したそう。

(参考:『【本町橋】2021年8月に開業したβ本町橋(ベータ本町橋)』、『β HOMMACHIBASHI』)‥‥なるほど。街中にあるアクセスのよい舟遊びの拠点として、高架下水路をアクティブに活かしているといった意味では、注目に値しますね。

305082.jpg
大正2年竣工の本町橋にたどりついた時点で、お昼も近づき時間切れとなりました。会合はすぐ横のホテルで行われるので、時間いっぱいまであれこれ眺めて回れたのは何よりでありました。

ご存じのとおり大阪最古の現役道路橋ですが、天地の詰まった鋼アーチに、重厚な装飾を施された橋脚と、東京にはない風貌を持った外観にほれぼれ。
閘門閉鎖で通航船がなかったのは残念だったものの、お散歩ならではの河畔のディテールを堪能することができて、楽しいひとときでした。
撮影地点のMapion地図

(令和5年9月30日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 東横堀川高架下水路