fc2ブログ

淀川畔を歩いて…1

(『旧毛馬第一閘門を訪ねて…9』のつづき)

305048.jpg
短いながら濃厚なひとときを過ごして、淀川の堤防道に立ち小休止。下流側を望むと、水管橋、阪急千里線淀川橋梁、国道14号長柄橋が並んで、好天も手伝い実に爽快な川景色。いや、来てよかった‥‥。

305049.jpg上流側には、右手に排水機場の巨大な建屋、奥には毛馬水門・閘門と続いています。時間が限られていますが、も少しお散歩してゆきましょう。

写真ではわかりにくいですが、堤防道を横断する舗装路があって、ダンプがしきりに横切り、そのたびに警備員さんが通行人を止めています。ダンプは左手の坂道を下って、どこへ行くかというと‥‥。


305050.jpg
眼前に河道を圧して立ち並ぶ、利根大堰の工事現場に向かっていたのでした。手前には、既製鋼桁を組んだ仮設橋も見られ、堰のすぐかたわらまで道が通じているのがわかります。何の工事かというとですね‥‥!

305051.jpg
堰に併設される閘門を造っているのです!

淀川大堰に閘門を併設し、通船の便をはかる計画があることは報道されていたので、またこれで閘門が増えるワイと、閘門好きとして単純に喜んでいたのですが、こうして生で現在進行形の工事を目にすると、「ホントにできるんだなあ!」と興奮の度合いも桁違い。

計画の詳細は「淀川大堰閘門」(国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所)をご覧ください。リンク先のPDFパンフレットに掲載された3Dモデル図によると、閘室長は70m、径間は20mとありました。ゲート形式は、外観からローラーゲートでしょう。

305052.jpg
さらに上流側へ歩いて、淀川大堰の堰柱ズラリを堪能。いや~、ここに閘門ができたら、毛馬閘門と連続で通航する水上バスの便ができるのかなあ。影も形もないうちから、早くも妄想が広がったのでありました。
撮影地点のMapion地図

(令和5年9月30日撮影)

(『淀川畔を歩いて…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 淀川淀川大堰