fc2ブログ

八郎潟の閘門を訪ねて…9

(『八郎潟の閘門を訪ねて…8』のつづき)

302076.jpg周囲のほとんどは、地平線かと見まがうような平坦な地勢ですが、西側には男鹿半島の山並がはるかに望めました。

山の頂近く、斜面が大きく切り開かれて、遠目にも土色が目立つところがありましたが、位置的に見て寒風山展望台あたりかしら。寒風山、採石場もあるのですね。


302077.jpg
南下していて気になったのがこれ、中洲‥‥といってよいのでしょうか、砂洲に草が茂ったような、平坦な小島です。

Googleマップで見るとほぼ楕円形で、特に名前はついていないようでしたから、流入河川の土砂が堆積し、自然にできたものなのでしょう。ちょっと上陸してみたくなるような、冒険心をそそられるものがありました。

302078.jpgふたたび閘門に入り上陸。閘室横の護岸から見えるところには、銘板や説明など一切の掲示物がないのは、先ほどの通通航時に確認したばかり。

しかし、せっかくここまで来ながら、諸元的なものを何もこの目で確かめられないのは、あまりにも寂しいもの。よくないこととは知りながら、万止むをえまいと、扉体が操作される待ち時間を利用して、法面のブロックをわしわしよじ登り、管理橋の上に立ったのでした。

というわけで、ここで遅ればせながらお詫びしておきます‥‥。
申しわけございませんでした。

302079.jpg
管理橋上から撮った、放流ゲートの堰柱に掲げられていたメーカーズプレート。実は進入時、堰柱正面にチラリと黒く四角いものが目に入っていて、立入禁止だがさてどうしようかと、移動中ずっと悩んでいたのでした。

閘門ゲートは純径間4m、扉体高さ2.7m、開閉速度2m/分、扉体重量2.5t。極小閘門のカテゴリーに入れて差し支えないサイズのデータを、ここで目の当たりにすることができたのであります。まことに申しわけないことをしたとはいえ、最後に決断してこの前に立つことができ、閘門好きとして遠路訪ねてきた甲斐があったと、しみじみ実感した瞬間でもありました。

302080.jpg
船尾に離れゆく閘門を、名残惜しく振り返って。説明の掲示はもとより、作動中の警報音も一切ない「黙して語らぬ」閘門、とでも呼びたくなるような、ここをよく知る地元艇のためだけに在る、といってよい閘門。私の記憶に数ある閘門のイメージに、また一つ新しいパターンを認識させてくれたのでした。

地元の皆様のご協力と、好天に恵まれ、さらに閘門も故障などしておらず、長年の懸案であった訪問だけでなく、通航が実現できたのは本当にありがたく、嬉しいことでした。改めて厚く御礼申し上げます、ありがとうございました!
撮影地点のMapion地図

(令和5年7月25日撮影)

(『真山神社の丸木舟…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 八郎潟調整池八郎潟防潮水門閘門船越水道