fc2ブログ

八郎潟の閘門を訪ねて…3

(『八郎潟の閘門を訪ねて…2』のつづき)

302046.jpg
各所で紹介されている有名物件ではありますが、この八郎川橋梁はもと可動橋。干拓工事の際、ポンプ船や浚渫船といった、桁より高さのある作業船たちを通航させるため、今まさにくぐっているこの鋼桁の一径間を、昇開橋としていたのです。

船頭さんからもその旨説明があり、ありがたいことに徐航していただき、じっくり観察することができました。鈑桁の側面からアームが突き出ていて、その先にローラーが見え、橋脚から立ち上がった鋼材に触れていますね。現在は切断されていますが、かつてはこの鋼材がもっと高くそびえていて、上下する桁のガイド役を担っていたのでしょう。

302047.jpg塗装表記もスナップ。昨年の塗り替えとありますね、色鮮やかなはずです。

可動橋一覧と近代橋梁の利活用」(PDF・伊東孝氏著)によると、八郎川橋梁は昭和40年竣工、可動部支間25.4m。昭和45年停止とありました。これが本当なら、可動橋として供されたのはわずか6年。干拓工事の業務船たちとともに生き、役目を終えたといってよいのでしょう。

先ほどくぐった八竜橋も、当然ながら可動橋として同じ時間を過ごしたわけで、記事の一覧にも記載されています。ただ昭和51年に改架されたので、八郎川橋梁と異なり可動橋の痕跡は見ることができません。

302048.jpg
八郎川橋梁をくぐると‥‥見えました! 八郎潟防潮水門の全容が! 2つの魚道、閘門を含めて17径間、まことに壮観であります。目指す閘門は左手、西岸に接したところにあるのです。さあ、もうすぐだ!

302049.jpg艇上で水門を眺めながら、思わず首をすくめた一件。イヤ、この3本の電線、あまりに低すぎませんかね? 橋の桁下高で、出入りする船舶の高さは決まるとはいえ、相手は電気。もそっと高さを取ってほしいものです。

写真でおわかりでしょうが、船越水道に出たばかりのときはさほどでなかった水の色も、遡上するにつれ茶色が濃くなってきました。流入河川からの水はまだ土砂を多く含んでいるようで、豪雨の影響が続いていることを実感させます。

302050.jpg
いや~、夏空の下、眼前に迫りくる堰柱ズラリ! これが盛り上がらずにおられましょうか!
撮影地点のMapion地図

(令和5年7月25日撮影)

(『八郎潟の閘門を訪ねて…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 船越水道八郎潟防潮水門