fc2ブログ

「道の駅あきた港」にて…4

(『「道の駅あきた港」にて…3』のつづき)

302031.jpg道の駅のエリアと岸壁が、いかに近いかを記録しておきたくて一枚。右手は駐車場の周回道路で、一般車だけでなく、路線バスも入ってきます。

歩道をはさんで、岸壁のスペースとを隔てるのはご覧のとおり、チェーンを渡した低いポールの柵だけ。おフネ見の眺望をさえぎるものは、何もないに等しいのです! いや、この開放感、素晴らしいじゃないですか。


302032.jpg
先ほどから気になっていた巡視艇‥‥おっと巡視船に近づいて。PS20「しんざん」、秋田海上保安部、「びざん」型巡視船の一隻で、平成31年竣工。こちらもまた、なんとも間近で眺め放題といったところ。ありがたいことです。

302033.jpg同じ岸壁の左手に横付けしているのは‥‥入港船に燃料を供給する、油船ですね。まるでお祭りの提灯のように、玉状のフェンダーをいくつもぶら下げているため、船名が隠れているのが残念。

Rのついた操舵室の妻に掲げられた社章、両舷に大書きされた「火気厳禁」の書体と、ディテール一つ一つに味わいのある、ベテランの香りがする油船、いいものでした。

302034.jpg
さらに左手、少し離れた岸壁にもやっていた「ちょうかい」なる艇は‥‥。検索してみたら、秋田船川税関支署の監視艇とのこと。小型のステップバウが、任務柄の引き締まった感じがしますね。

302035.jpg
タワー上から廃線跡が見えたので、そちらにも少し寄ってみようと歩いていくと、特に柵もなかったので線路敷に入り(ごめんなさい)、一枚ものしてきました。

秋田臨海鉄道南線の跡で、秋田運河を渡り日本製紙工場まで線路が伸びていましたが、一昨年廃止になったそうです。ご覧のようにレールがはがされ、枕木と道床だけになった寂寥感あふれる風景でしたが、まだ撤去から間がないせいか草に埋もれてはおらず、足元から鉄の匂いが立ち昇ってくるようでした。
撮影地点のMapion地図

(令和5年7月25日撮影)

(『八郎潟の閘門を訪ねて…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 旧雄物川秋田港巡視船