fc2ブログ

7月9日の水路風景…4

(『7月9日の水路風景…3』のつづき)

301041.jpgこの日は浮流物が多い日でした。写真は海老取川でかわした木っ端クズの浮島ですが、いくつも連続して現われ避け切れず、正面からまともに乗り切ってしまうこともしばしば。

一度など「ガツン!」とえらい音がして、ペラを損傷したかと肝を冷やしましたが、チルトアップして確認したら異状なく、胸をなでおろしたもの。浮島にガラスビンでも直立して刺さっていたのを乗り切り、沈んだところでペラで叩いてしまったといったところでしょう。

301042.jpg

301043.jpg隅田川に河口から入って遡上し、築地大橋をくぐったところで、まず目に入ってきたのがこれ。築地市場跡の桟橋、鋼管杭で2階構造になっている部分が撤去中でした。その右手敷地内でも、残った建物を解体中。

更地になった後も長らく残っていて、かつて魚介運搬船がもやっていた光景を思い起こさせましたが、これでお別れですね。「勝鬨橋の下がつながる! 隅田川(勝鬨橋上下流)右岸テラス工事」によると、撤去後はテラスが延伸されるとのことです。

301044.jpg
隅田川河口近くでもう一つ目立ったのは、勝鬨橋の養生。東径間がご覧のとおり木製パネルで覆われ、ウッディー(?)な装いになっていました。

鋼橋の再塗装というと、「12月9日の川景色…3」ほかでも紹介した「リアルドット絵」のようなメッシュでの養生が印象的でしたが、今回はより大がかりな工事なのか、パネルで密閉に近い状態にするのですね。

301045.jpg
上流側から見たところ。上部構造全てを覆ってしまうと、道路に陽が差さなくなり安全上も問題があるのか、半分づつ施工するということでしょうか。

勝鬨橋長寿命化工事(塗装)(その2)」(PDF)によれば、工期は来年2月27日まで。側面図になぜか、河底の形状と、中央径間が跳開したときの動線が描かれており、「オオッ」と注目してしまいました。昔の図面を流用したのかしら?
撮影地点のMapion地図

(令和5年7月9日撮影)

(『7月9日の水路風景…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 海老取川隅田川