fc2ブログ

7月9日の水路風景…3

(『7月9日の水路風景…2』のつづき)

301036.jpg
高速大師橋の桁下に近づいて。ずらりと打ち込まれた鋼管杭の上に、長大なレールが流路方向へ伸びているのは昨年9月の「改架中の高速大師橋…1」と変わりませんが、違いは手前にある新しい桁が上流側に移動し、既存の桁と接続されつつあること。

301037.jpg
遡上しながら、スライドっぷり(?)を実感できる視点を探します。これは中央径間下から南、川崎側を見たところ。左が新桁、右が旧桁です。

以前の写真と見くらべてみると、下流側にレールの空所ができ、新桁がスライドされた長さが感じられますね。う~んしかし、この角度からだと、旧桁が前後を絶たれ、孤立している感じがいま一つつかめません。

301038.jpg
旧桁をくぐってから北、大田区側を見てみると‥‥おお、ブツリと途切れた感じがする視点を発見。特に切断箇所近くに、速度制限標識が立っているあたり、哀愁を感じさせていいじゃないですか。

301039.jpg上流側から見た旧桁の川崎側。しばらくウロウロしてみたものの、陸上と違って旧桁の断面が見られないので、どうもメリハリがないような。

断面の見えるところまで行けるかな‥‥と思っていたら、遅ればせながら川崎側より警戒船が出てきて、「工事水域だから速やかに通過してほしい」とのご注意。お詫びして下航、脱出したので、ちょっともの足りない結果となりました。

301040.jpg
帰りがけのスナップ、大師橋と高速大師橋がつくる逆三角形の上辺におわす、羽田第二水門。最近閉鎖したのか、ちょっと扉体の汚れが目立ちますね。

あらら、また右の堰柱に、ファンキーなタケノコのような落書きが‥‥以前も盛大に落書きされていましたよね。その手の人々には何か惹かれるスポットなのかしら。
撮影地点のMapion地図

(令和5年7月9日撮影)

(『7月9日の水路風景…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 多摩川羽田第二水門