fc2ブログ

7月9日のフネブネ…3

(『7月9日のフネブネ…2』のつづき)

301011.jpg
こちらはおなじみ、京浜運河の顔といってもいい過ぎでない「レディ・クリスタル」。平成2年進水ですからもう32歳、失礼ながら老嬢と呼ぶべき船齢ですが、手入れが行き届いており、端正な美しさが失われていないのはさすが。

定繋地を対岸から移して12年、船社が変わってから6年経ち、コロナ禍の苦境も乗り越え、変わらぬ艶姿を見せてくれるありがたさ。湾奥レストラン船のはしりとして、末永く盛業してほしいものです。

301012.jpg
海老取運河東岸の業務船溜といえば、何度か紹介したコンベア清掃船転用の業務船、「幸丸2」を記録しておきたいもの。うむ、順調に(というと語弊がありますが)くたびれてきて、活用されているさまがうかがえますね。昨年4月からもやっている場所も変わっておらず、ポンツン的な使い方をされているように見えます。

301013.jpgさらに南下して海老取川名物、ポンジュース看板の前にはクレーン船がもやっていたのですが、その短辺に繋がれた曳船がまた滋味のあるスタイルで、思わず一枚。

オーニングの向きからこちらが船首だと思ったら、よく見ると違いました。舷側がほぼ平行という、弁当箱のようなだんびろな船型がまたいいじゃないですか。船名は「第十六栄✕丸」と、残念ながら一字読めず。


301014.jpg
この日の最終目的地は、先月スライド式の改架工事を行った、多摩川の高速大師橋だったのですが、その現場で出会った押船2隻、「第一横羽丸」と「第二横羽丸」。それぞれハルナンバーもあって、TBS-1とTBS-2。

301015.jpg前傾した妻板のある可動式の操舵室、その全体的にスクエアなスタイルに見覚えが‥‥もしかして、旧中島運輸?

こちらでも紹介しましたが、堀船清掃作業所通いのプッシャーバージを押していた、緑色の押船の仲間だったのかしら。不燃ゴミの積み替え施設もあらかた廃止されてお役御免となり、第二の人生を送っているのかもしれませんね。
撮影地点のMapion地図

(令和5年7月9日撮影)

(『7月9日のフネブネ…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 京浜運河海老取運河多摩川曳船