fc2ブログ

令和4年度川走り納め・新河岸川…3

(『令和4年度川走り納め・新河岸川…2』のつづき)

291021.jpg
曳船をアップで。常陸海事建設の「大子(DAIGO)」とあり、押船の機能も兼ね備えたタイプのようですね。

不審船の接近に気づいたらしく、わずかに行き足をかけてゆっくりと回頭し、こちらに船首を向けてきました。ジロリ、と睨んで凄まれたような感じがします。

291022.jpg
作業船は「あくあまりんⅢ」。右側の機付きオープン艇には、8人もの人が乗っていて、そのうち一人は竿で河底を突き、何事か調査している様子です。護岸を修理する下準備でもしている風情でした。

単なる調査としては大所帯で、物々しい雰囲気ですね。これからさらに工事の船が到着するのか、それとも潜水夫でも入れるのか‥‥。

291023.jpg「大子」は軸線をこちらにピタリと合わせ、警戒感もあらわな表情です。頼めば通してくれたのでしょうが、体が冷えてやる気が萎え気味のところにこれでは、気もくじけようというもの。

う~ん、ご迷惑になるのもことだし、今回は「呼ばれていなかった」ということで、またの機会にしましょう! というわけで、反転、下航することにしました。


291024.jpg

291025.jpg皮肉なことに雲もだいぶ薄れて、新河岸大橋を振り返ると、天真爛漫な実にいいお顔。右は中の橋から東北本線の鉄道橋トラス群を望んだところ。下路式橋天国、いいですなあ。

当初の目論見は潰えたものの、ふと石神井川を訪ねてみようか、と思いつきました。水面の浮流物も少ないようだし、前回のようにゴミが障害になって入れない、ということはないでしょう。
撮影地点のMapion地図

(令和4年12月28日撮影)

(『令和4年度川走り納め・隅田川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 新河岸川曳船