fc2ブログ

4月10日の水路風景…1

(『4月10日の河畔桜…3』のつづき)

279036.jpg4月10日に道々で目にした、建造物その他もろもろをまとめます。まずは曙運河、曙水門から。

遠目には、第一径間がオレンジ色の角落しで塞がれて見えましたが、近づくと堰柱より前進して取り付けられた、隔壁といってよいものでした。ホースで勢いよく排水されていて、水音が賑やかです。



279037.jpg
南側に出ると、水面が真っ白に見えるほど、排水時に立った泡が吹き寄せられていました。止水工事を担当したのか、クレーン台船の姿も。

この水門ではたびたび体験した、接近すると赤だった信号が青に変わり、注意喚起の放送が流れる「しゃべる水門」が今回も。閘門と違って、黙して語らず(笑)、通常は一切の動きがない水門からこうして反応があるというのは、何とはなしに貴重な体験をした気がして、嬉しいものです。

279038.jpg墨田川造船辰巳の前を通ったら、艤装船がいないばかりか、浮きドック「すみだ100」の姿も消えていたという、ファンとしては何とも寂しい状況。

浮きドックも水上に在るものですから、定期的に喫水線下の清掃と再塗装、注排水装置の整備が必要なのでしょう。ドックがドック入りするという、ちょっと不思議な光景がどこかで繰り広げられていると思うと、興味をそそられます。

279039.jpg
さて、この日気になっていたものの一つ、「3月6日の水路風景…2」で紹介した、鉄鋼埠頭で建造中の鋼桁橋を見に行ってみると‥‥。

おおお、大型のクローラクレーンが岸壁上にいて、加えて足場を組んだ台船「第二空海丸」が接舷中! いよいよ浜出しも近いようですね!

279040.jpg
この橋がどこに架けられるのか、検索の仕方が悪くて今までわからなかったのですが、その後4月18日に至り、こちらのほか、多摩川スカイブリッジをくぐって上流側へ向かう姿を写した目撃例が多数アップ。

ようやく鈍感な私も、この橋の正体に気づかされました。高速大師橋(参考:『多摩川の首都高横に「新しい橋桁」まもなく登場 すんごくデカい! 大師橋 架替えの全貌乗りものニュース)ですね! 記事によると、3ブロックのうち2つをIHI横浜で建造とありますから、残る1ブロックがこの、鉄鋼埠頭組み立てのものでしょうか? スカイブリッジに続き、多摩川も話題の工事が続いて、お好きな向きには目が離せないでしょうね。
撮影地点のMapion地図

(令和4年4月10日撮影)

(『4月10日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします
関連記事

タグ : 曙運河曙水門東京港墨田川造船