fc2ブログ

水門先生と江東運河地帯…1

ええ、前回同様、すでに速報版が発行されてしまったので、こちらでも始めさせていただきます…。
去る7月18日に、佐藤淳一氏とご一緒した際、江東内部河川についてご進講(?)申し上げたのが、このお話の始まりでした。

転回もままならない狭水路と、艇がつかえそうな低い橋の連続する面白さは、まさに街場の路地裏、都内で1、2を争う魅力的な水路群と言っても、言い過ぎではありません。
…と力説する船頭の姿を見て、辟易したのか、はたまた本気で面白そうだと思われたのか、「狭い水路っていうのがいいですね、私も狭いところは好きです」とのお答え。ぐふふ、術中にはまったな(笑)。8月9日は潮時もよろしいようですし、今回は、水路趣味のディープな部分に、お付き合いいただきましょう。

前回に引き続き、ガンダムファンのF氏も同行してくださるとのこと。かくして、まったく同じメンバーでの水路行となりました。

12001.jpg出発点は、曙北運河の南端。このあたりはまだまだ、水路幅も桁下高も充分ある区間ですが、まずは軽くジャブということで。だんだんに、狭いところへ入り込んでゆこうというわけです。

風は穏やかで、蒸し暑くはありましたが、時おり晴れ間ものぞき、天気は何とか持ちそうです。
撮影地点のMapion地図

12002.jpgおなじみ古賀オールの岸壁前を通ると、係留中のしんめい丸はドアが開き、日曜にもかかわらず船長ご在船の様子。しかし、ワン君の姿が見えない…。(『曳船こそわが家?』参照)

「ここには『曳船犬』がいるんですよ」とお二人に話していたら、ドアからひょっこり、ワン君が顔を出してくれました。今日はご主人と一緒なので、キャブの上でウロウロする必要はないようですね。

12003.jpg越中島レールセンターのシンボル、佐藤氏名付られけたところの、「イグアナクレーン」を見ながら左折、汐見運河へ。

「これってやっぱり、イグアナに似てますよね」と佐藤氏。
いえ、ご心配なく、もう「イグアナ・クレーン」を読んで以来、脳内のイメージがイグアナで固定されてしまいましたです。

12004.jpg曲がりながら地下に突っ込んでゆく、京葉線の橋を眺めながら、汐見運河をさらに斜め左に折れ、東雲北運河に進入。

1km足らずの短い運河ながら、造船所がいくつか見られる、なかなか楽しいところです。
撮影地点のMapion地図

12005.jpg京葉線をくぐってすぐ左に現れるのが、メッセージを大書きした墨田川造船の建屋。海上保安庁ほか、官庁船を多く手がけていることで、艦船ファンの間ではよく知られています。

佐藤氏もそのあたりは造詣が深いので、「ここ、水上バスも造っているところですよね」と素早く反応。
水辺ラインや観光汽船で、現在活躍している船の多くが、ここで産声を上げたのですね。

(21年8月9日撮影)

(『水門先生と江東運河地帯…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 曙北運河汐見運河東雲北運河イグアナクレーン曳船古賀オール墨田川造船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する